河村鳴紘

サブカル専門ライター 報告 オーサー

アニメのゴールデン帯からの撤退は、ここ10年の流れです。テレビの視聴率は落ちる傾向にあるので、テコ入れのためには編成的には避けられないといえます。両番組とも局の顔でもあり、日本の顔ともいえるので、枠移動はかなりの議論があったとは推察できます。

この枠移動で、時間帯に相応の視聴率をキープできると良いのですが、厳しいのであれば…。

こちらの記事は掲載が終了しています

河村鳴紘

サブカル専門ライター

ゲームを愛するものの、ゲームには愛されないヘタレなゲーマー。ゲーム好きが高じて、記者として兜倶楽部にも出入りし、決算やメーカーの各発表会、PS3の米国発表会、中古ゲーム訴訟、残虐ゲーム問題など約20年間ゲーム業界を中心に取材をする。合わせてアニメやマンガにも手を伸ばし、作品のモデルになった場所をファンが訪れる“聖地巡礼”現象も黎明期から現地に足を運ぶなどしている。

河村鳴紘の最近の記事

河村鳴紘の最近のコメント

  • 「桃太郎電鉄」最新作、キャラクターデザインを一新 ファンからは「貧乏神が服を着ている!」「コレジャナイ」と困惑も写真

    ねとらぼ 9月12日(木) 20時02分

    河村鳴紘

    |

    ゲーム発売前は、イラストの与えるイメージがかなり大きいので、以前と違うイラストレーターだと否定的意見...続きを読む

  • 台風停電、ソニー子会社工場停止 PS4生産

    共同通信 9月9日(月) 11時00分

    河村鳴紘

    |

    PS4の工場は、日本だけでなく中国にもあるので、全体で見ると完全に止まるわけではありませんね。PS4...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント