河村鳴紘

サブカル専門ライター 報告 オーサー

アニメのゴールデン帯からの撤退は、ここ10年の流れです。テレビの視聴率は落ちる傾向にあるので、テコ入れのためには編成的には避けられないといえます。両番組とも局の顔でもあり、日本の顔ともいえるので、枠移動はかなりの議論があったとは推察できます。

この枠移動で、時間帯に相応の視聴率をキープできると良いのですが、厳しいのであれば…。

こちらの記事は掲載が終了しています

河村鳴紘

サブカル専門ライター

ゲームを愛するものの、ゲームには愛されないヘタレなゲーマー。ゲーム好きが高じて、記者として兜倶楽部にも出入りし、決算やメーカーの各発表会、PS3の米国発表会、中古ゲーム訴訟、残虐ゲーム問題など約20年間ゲーム業界を中心に取材をする。合わせてアニメやマンガにも手を伸ばし、作品のモデルになった場所をファンが訪れる“聖地巡礼”現象も黎明期から現地に足を運ぶなどしている。マンガ大賞の選考員も担当しており、好きなジャンルはラブコメ、歴史もの。

河村鳴紘の最近の記事

河村鳴紘の最近のコメント

  • 香川のゲーム依存症対策条例、本当の狙いは「ガチャ規制」? 検討委員が「理解してもらえない。残念」とブログで語る

    ねとらぼ 1月27日(月) 13時11分

    河村鳴紘

    |

    課金でレアアイテム(キャラ)がランダムで当たるシステム「ガチャ」は、海外で「ギャンブル」扱いされて規...続きを読む

  • クラスの話題は『ドラクエ2』一色! 「ジャンプ」も後押しした熱狂から33年

    マグミクス 1月26日(日) 7時10分

    河村鳴紘

    |

    「ドラゴンクエスト2」の爆発的人気が、前作「1」の出来の良さにあるのも確かですが、やはり「週刊少年ジ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント