河村鳴紘

サブカル専門ライター 報告 オーサー

開催期間が3日から4日に増えたものの、入場有料化の影響がどうなるか注目でしたが、1日あたりの動員は変わらず、有料化の影響は感じられない結果となりました。

次の冬の開催も見たいところですが、有料化の継続を求める声も少なくないようですね。入場無料に戻すかも含めて、議題が一つ増えてしまった格好になったのが、興味深いですね。

こちらの記事は掲載が終了しています

河村鳴紘

サブカル専門ライター

ゲームを愛するものの、ゲームには愛されないヘタレなゲーマー。ゲーム好きが高じて、記者として兜倶楽部にも出入りし、決算やメーカーの各発表会、PS3の米国発表会、中古ゲーム訴訟、残虐ゲーム問題など約20年間ゲーム業界を中心に取材をする。合わせてアニメやマンガにも手を伸ばし、作品のモデルになった場所をファンが訪れる“聖地巡礼”現象も黎明期から現地に足を運ぶなどしている。マンガ大賞の選考員も担当しており、好きなジャンルはラブコメ、歴史もの。

河村鳴紘の最近の記事

河村鳴紘の最近のコメント

  • ゲーム専門誌「電撃PlayStation」定期刊行終了、25年の歴史に幕……増刊、ムック等、Web展開は継続

    Game Spark 2月26日(水) 11時11分

    河村鳴紘

    |

    歴史のある媒体だけに、残念ですが、流れ的には仕方ないですね。紙媒体は、ウェブ媒体よりコストがかなりか...続きを読む

  • 『笑ゥせぇるすまん』佐藤流司主演で初舞台化 スタイリッシュな喪黒福造が「ドーーン!!」写真

    オリコン 2月21日(金) 12時00分

    河村鳴紘

    |

    喪黒福造が不気味で、かつ一筋縄でいかないキャラクターだけに、イケメンの俳優が演じることについて、異論...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント