「表現の自由」は無制限ではありません。法令に違反するコメントや、誰かを著しく傷つけたり、攻撃したりするようなコメントの投稿は、Yahoo! JAPAN利用規約およびYahoo!ニュース コメントポリシーで禁止しています。投稿前にご確認ください

Y!オーサー

河治良幸

スポーツジャーナリスト

河治良幸

『エル・ゴラッソ』の創刊に携わり、現在は日本代表を担当。セガのサッカーゲーム『WCCF』選手カードデータを製作協力。著書は『ジャイアントキリングはキセキじゃない』(東邦出版)『勝負のスイッチ』(白夜書房)、『サッカーの見方が180度変わる データ進化論』(ソル・メディア)『解説者のコトバを知れば サッカーの観かたが解る』(内外出版社)など。プレー分析を軸にワールドサッカーの潮流を見守る。NHK『ミラクルボディー』の「スペイン代表 世界最強の”天才脳”」監修。2018年11月よりウェブマガジン【KAWAJIうぉっち】 https://www.targma.jp/kawaji/ をスタート。

  • 参考になった418449

    • 河治良幸

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      行った人なら分かると思いますが、本当に上から見下ろすような視点なんです。あれはカンプ・ノウやプレミアのスタジアムでもなかなか体験できません。自分は運よくインテルの右サイドで長友&サネッティが組んでいる試合を観て、本当に鮮明に覚えています。「文化的な価値ない」という現地の判断は仕方ないかもしれませんが、新スタジアムがどういう観戦環境になるにしても、何か思い出に浸れるようなバーチャルミュージアム的なスタジアムの映像遺産なり残して欲しいですね。

    • 河治良幸

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      一人の選手として海外の強豪リーグで一時代を築いた日本人選手はすでに何人もいますが、オンオフで完全に順応し、外国人でありながら「カイザー」と呼ばれるほどに、バンディエラのような存在になった選手は長谷部誠が初めてだと思うので、できるだけ現役を続けて欲しい気持ちもありますが、セカンドキャリアも含めて海外で新たな道を切り開いて行くことを期待したいです。そして元日本代表キャプテンとしても影響力を持ち続けて欲しいと思います。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 河治良幸

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      微妙なシーンでの誤審は常に起こりうるものですが、これは本当にトップレベルのレフェリーならあってはいけないミスだったと思います。ただ、チャンピオンズリーグ決勝でミスした選手の本当の心理状態はそこに立った人にしか分からないのと同じく、レフェリーもそこで置かれていた当事者や少なくとも、そうした状況を経験した本人にしか分からない領域もあります。大事なのはこう言うオープンな場で語られ、しっかりと検証される機会があること。ジャッジリプレイのように専門家やファンがジャッジを共有できるツールも出て来ましたし、VARの運用など、まだまだ多くの課題があるものの、Jリーグのレフェリーは前進して来ていると思います。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 河治良幸

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      当然リスクはあるでしょうし、すでにシーズン終了を宣言した国もある中で、思い切った決断になると思いますが、絶対の正解が存在しない今回のケースで政府の合意という形で行われるので、リスペクトしつつ注目したいと思います。当然そうした観点からの是非は問われるし、ひとつの指標にもなり得ますが、いちサッカーファンとしてはもし無観客であれピッチ上の試合を楽しみたい、サッカー記者の1人としては映像でも分析的に観たい気持ちもあります。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 河治良幸

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      開催時期を圧縮してリーグ戦を消化するとなれば当然、会場の問題が出てくるため、こういう試算を今からしておくことは大事だと思います。その一方で、より大事なのは選手なので、1試合5人交代が組み込まれるプランはあるものの、勤続疲労を回避させるための特別ルールを設ける必要もあるかもしれません。ベンチ入りメンバーの枠を増やすなどですね。逆に言えば特別指定選手や2種登録も含めて、若手が試合に出たりベンチでも試合に参加できるチャンスが増えるので、ポジティブに捉える要素もあると思います。なんにしても再開への準備期間など安全を第一に、少しでも早く開催の目処が立つことを願いたいです。

    • 河治良幸

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      ビジネス的な事情は外から分かりかねる部分もありますが、サガン鳥栖はコロナが落ち着いたら練習などの情報をもっと公開した方が良いと思います。練習の公開・非公開を含めて情報をコントロールすることはクラブの裁量ですが、そうしたものを閉じるほど興行的なマイナスは大きい。できるだけ情報をオープンにすることでファンサポーターはもちろん、メディアの注目も引ける。監督の方針もあるかもしれないですが、是非ここは提案したい。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 河治良幸

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      感染の第一報を聞いたときはショックでしたが、退院できたのは良かったです。酒井高徳選手のプライベートまで知ることはできませんが、少なくともプロとしての姿勢、メディア対応など心からリスペクトできる選手で、あのロシアW杯のポーランド戦後にも誠実に受け答えてもらったのを覚えています。言い換えると、そうした選手でも感染するリスクがあるということで、現場取材をベースにしている記者の一人としても身の引き締まる思いがしました。いずれ緊急事態宣言が解除されても、安心して過ごせる日が来るのは当分先かなという想定もある中で、仕事も含めてどういう生活サイクルを作って行くかは難しいですが、サッカーがある日常を取り戻していけるように前向きに頑張って行きたいですね。

    • 河治良幸

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      非常に厳しい措置だと思います。どこかを削らないといけないので、この状況で知恵を絞った結果だという意味で決断をリスペクトしたいですが、天皇杯はカップ戦の大会ですし、ジャイアントキリングという醍醐味あっての大会でもあると思うので、日程的に無理があるのであれば中止もありじゃなかったかなと思います。その一方で、このプランを聞いて12月までリーグ戦をやることを見越していると想定できますし、場合によっては年越してでもシーズンの最終順位が決められる試合数まではやりたいのだなという方針は見えますね。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 河治良幸

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      緊急事態宣言下で、ミシェル騎手が自ら見送りに来ないようにメッセージを出していた中、こうした報道がされることに疑問の声が出ていますが、スポーツ報道の場合、基本的にメディアは選手の帰国や出国など、競技団体の広報さんや選手の事務所から事前に聞くことができます。サッカーなどでも、暗黙の囲み取材の場として認められているケースが多いです。つまり空港取材=パパラッチではないということ。おそらく今回もそうでしょう。ただ今はメディアの現場取材もクラスターになりうるので、こうした空港取材等に疑問や批判の声があがるのも理解できます。それでもアクセスは伸びているようですし、報道の難しさですね。

    • 河治良幸

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      Jリーグの選手から陽性反応が出たことはショックですが、検査を受けて公表したことには敬意を表したい。その上で、正確な調査のために、全面的に協力をしてほしいと思います。自宅とグラウンドの行き来のほかに不要不急の外出があったかどうか。最小限の行動範囲で感染があったとしたら、トレーニングを含めて、Jリーグ全てのクラブで再開までの選手やスタッフのオンオフの行動を考え直す必要が出て来ると思います。

残り440

もっと見る