Y!オーサー

川端康生

フリーライター

川端康生

1965年生まれ。早稲田大学中退後、『週刊宝石』(光文社)にて経済を中心に社会、芸能、スポーツなどを取材。1990年以後はスポーツ誌を中心に一般誌、ビジネス誌などで執筆。著書に『冒険者たち』(学研)、『星屑たち』(双葉社)、『日韓ワールドカップの覚書』(講談社)、『東京マラソンの舞台裏』(枻出版)など。

  • 参考になった2219

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 川端康生

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      フランスが日本をリスペクトしていた。ジャパンは(ランキングの数字ではなく)本当に強いチームと認められているのだなと改めて感じた。実際、ノーサイド直後の第一印象は「勝利を逃した」感。同じ感想の人が多いのではないか。フランス相手に引き分けて「善戦」と感じないレベルに、チームもファンもステージアップした。
      ポゼッションで上回り、パス数で上回り、ゲームのマネジメントも予定通りに(たぶん)進め……あとは勝ち切る方法。「奇跡」や「劇的」ではなく勝てるようになるには、また一つ階段を登る必要があるのだろう。

    • 川端康生

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      世界では「驚き」だということを日本人はまず知るべきだと思う。遅延や早出どころか、来るはずの電車が来ない、乗っていた電車がストで突然止まる、そんなことは多くの国で当たり前。だから、そんなときにどう対応するかを「自分で判断する」ことも当たり前、の社会との差だ。たとえばスポーツでしばしば指摘される「状況判断力」はまさにそれ。かつて日本代表を率いたフランス人監督は「日本人はまったく車が走っていない道路でも、信号が青になるまで横断歩道を渡らない国民だ」と揶揄したが、やはり同根だと思う。ルールへの従属とシステムの完遂力は日本の長所だが、その一方で個人の判断力は社会的・日常的に去勢されていく。グローバルスタンダードを叫び、国際競争力を望むなら、そんな我々の社会について考えてみる必要があると思う。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 川端康生

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      オフの補強で日本代表級ずらりの陣容になったFC東京。それでも開幕戦のメンバー表は全員(ベンチも含めて)日本人だったので、まだ外国人を加えられるな…と思っていたら、早速このニュース。開幕戦では鹿島に勝ったとはいえ、攻撃の形はさほど作れてなかったので、ウタカは戦力的に有効かと。ただスタメンから弾かれ、ベンチからも外れる選手も出てくるので、そのあたりのマネジメントは気になります。
      あと、もちろん今季から増額の賞金と、新設された強化配分金を念頭に置いての補強だと思いますが、勝てば十分なリターンが得られる一方で、もし勝てなかった場合には…と考えると、ハードルも高くなっているような。最低でも4位以内(配分金圏内)には入らないと。というところでしょうか。