柄谷雅紀

スポーツ記者 報告 オーサー

最後は西田選手の強力なサーブで5本のサービスエースを含む6連続得点で試合を決めました。
大会の象徴する試合の終わり方でした。
日本が8勝を挙げる原動力になった最大の要因はサーブ力の向上です。
世界に誇れるビッグサーバーの西田選手、石川選手、柳田選手を筆頭に、小野寺選手や高橋選手、関田選手に藤井選手も強いサーブを打てていました。
得意ではない福澤選手も意図を持った戦略的なサーブで相手を崩す場面も多くありました。
サーブで相手の攻撃の選択肢を限定することで、守備が機能しました。
ミドルブロッカー陣の成長も大きかったです。
シャットアウトだけでなく、有効なタッチを奪えていました。
そのことでフロアディフェンスも堅くなり、ブレイクを奪える場面が増えていました。
しかし、上位3チームには1勝もできていないことも事実です。
これからのクラブシーズンで個々がさらにレベルアップしてほしいと思います。

こちらの記事は掲載が終了しています

柄谷雅紀

スポーツ記者

1985年生まれ、大阪府箕面市出身。中学で始めたバレーボールにのめり込み、大学までバレー一筋。大学時代は筑波大バレー部でプレーした。2008年に朝日新聞社に入社し、新潟、横浜、東京社会部で事件、事故、裁判を担当。新潟時代の2009年には、高校野球担当として夏の甲子園で準優勝した日本文理を密着取材した。2013年に共同通信社に移籍。プロ野球オリックスやガンバ大阪に加え、2015年光州ユニバーシアード、2018年平昌五輪、2019年ジャカルタ・アジア大会を現地で取材した。バレーボールの取材は2015年W杯から本格的に開始。冬はスキーを取材する。スポーツのおもしろさをわかりやすく伝えたいと奮闘中。

柄谷雅紀の最近の記事

柄谷雅紀の最近のコメント

  • 【バレー】日本、柳田・石川・西田が奮闘し、1セットを奪うも、世界王者ブラジルに敗戦で4位確定。ブラジルは金メダルが決まる W杯2019男子写真

    バレーボールマガジン 10月14日(月) 21時43分

    柄谷雅紀

    |

    負けはしましたが、評価できる戦いでした。
    ブラジルからセットを奪取したのは12年ぶりです。
    第2セッ...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    柄谷雅紀

    |

    第2セット、25-24と先にセットポイントを握りました。
    そこからピンチ-サーバー柳田選手がサーブで...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント