柄谷雅紀

スポーツ記者 報告 オーサー

ムセルスキーら主力の数人を欠いているとはいえ、今まではそのロシアにもなかなか勝てなかったのも事実で、評価に値します。
第1セットの0-5から巻き返して奪ったことが大きかったです。
サーブという武器があるからこそ、ブレイクポイントを取れるという自信があってチームは揺らぎませんでした。
また、戦術を状況に応じて変えていく臨機応変さも光りました。
石川選手はいつも違うポジションでスタートしました。
理由はブロックとレセプションのマッチアップでしたが、第2セットはポジションを変えたことによって弱点となるローテが表れました。
セッターが後衛ライトにいる「S1」です。
ライト側からの攻撃が決定力のある石川選手でなく柳田選手になったことでサイドアウトを取れず、4連続失点を喫しました。
すると、第3セットからはこれまで通りに戻して再び流れを引き寄せました。
チームとして日本の成長を感じる一戦でした。

こちらの記事は掲載が終了しています

柄谷雅紀

スポーツ記者

1985年生まれ、大阪府箕面市出身。中学で始めたバレーボールにのめり込み、大学までバレー一筋。大学時代は筑波大バレー部でプレーした。2008年に朝日新聞社に入社し、新潟、横浜、東京社会部で事件、事故、裁判を担当。新潟時代の2009年には、高校野球担当として夏の甲子園で準優勝した日本文理を密着取材した。2013年に共同通信社に移籍。プロ野球オリックスやガンバ大阪に加え、2015年光州ユニバーシアード、2018年平昌五輪、2019年ジャカルタ・アジア大会を現地で取材した。バレーボールの取材は2015年W杯から本格的に開始。冬はスキーを取材する。スポーツのおもしろさをわかりやすく伝えたいと奮闘中。

柄谷雅紀の最近の記事

柄谷雅紀の最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    柄谷雅紀

    |

    最後は西田選手の強力なサーブで5本のサービスエースを含む6連続得点で試合を決めました。
    大会の象徴す...続きを読む

  • 【バレー】日本、柳田・石川・西田が奮闘し、1セットを奪うも、世界王者ブラジルに敗戦で4位確定。ブラジルは金メダルが決まる W杯2019男子写真

    バレーボールマガジン 10月14日(月) 21時43分

    柄谷雅紀

    |

    負けはしましたが、評価できる戦いでした。
    ブラジルからセットを奪取したのは12年ぶりです。
    第2セッ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント