柄谷雅紀

スポーツ記者 報告 オーサー

ロシアにムセルスキーら主力が数人いなかったとは言え、この勝利は評価できます。
特筆すべきは日本のサーブ力。
石川選手、西田選手に加えて高橋選手、小野寺選手も強力なサーブを持っており、世界レベルのサーバーがそろっていると言っても過言ではありません。
サーブが決して得意ではない福澤選手も第4セットでは相手が取りにくいところに落として2連続サービスエースを奪うなど、戦略を持ったサーブも打てています。
サーブで攻めて、日本のブロックと守備を機能させるという、まさに狙い通りの展開でした。
また、攻撃面では西田選手や石川選手に目が行きがちですが、ミドルブロッカーの高橋選手と小野寺選手の力強い中央からの攻撃がいいアクセントになっています。
まさにロシアを「撃破した」という戦いぶり。
今大会の日本の充実ぶりが表れていました。

こちらの記事は掲載が終了しています

柄谷雅紀

スポーツ記者

1985年生まれ、大阪府箕面市出身。中学で始めたバレーボールにのめり込み、大学までバレー一筋。大学時代は筑波大バレー部でプレーした。2008年に朝日新聞社に入社し、新潟、横浜、東京社会部で事件、事故、裁判を担当。新潟時代の2009年には、高校野球担当として夏の甲子園で準優勝した日本文理を密着取材した。2013年に共同通信社に移籍。プロ野球オリックスやガンバ大阪に加え、2015年光州ユニバーシアード、2018年平昌五輪、2019年ジャカルタ・アジア大会を現地で取材した。バレーボールの取材は2015年W杯から本格的に開始。冬はスキーを取材する。スポーツのおもしろさをわかりやすく伝えたいと奮闘中。

柄谷雅紀の最近の記事

柄谷雅紀の最近のコメント

  • 【バレー】新鍋理沙引退会見「オリンピックの延期は、絶望でした。私にとって1年はとても長かった。今は感謝の気持ちでいます」写真

    バレーボールマガジン 6月29日(月) 14時29分

    柄谷雅紀

    |

    「実は自分の中で2020年東京五輪を終えたところで引退することを決めていた」と明かしました。
    しかし...続きを読む

  • 新鍋理沙が現役引退を発表 ロンドン五輪銅メダルに貢献「まだ実感が湧きません」写真

    THE ANSWER 6月20日(土) 16時34分

    柄谷雅紀

    |

    2012年ロンドン五輪で銅メダルを獲得した際の主力でしたが、1度は代表を離れました。
    しかし、201...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント