Y!オーサー

柄谷雅紀

スポーツ記者

柄谷雅紀

1985年生まれ、大阪府箕面市出身。中学で始めたバレーボールにのめり込み、大学までバレー一筋。大学時代は筑波大バレー部でプレーした。2008年に朝日新聞社に入社し、新潟、横浜、東京社会部で事件、事故、裁判を担当。新潟時代の2009年には、高校野球担当として夏の甲子園で準優勝した日本文理を密着取材した。2013年に共同通信社に移籍。プロ野球オリックスやガンバ大阪に加え、2015年には韓国・光州ユニバーシアードも取材した。バレーボールの取材は2015年W杯から本格的に開始。平昌五輪は現地でスキーを主に担当し、ジャカルタ・アジア大会も現地で取材。スポーツのおもしろさをわかりやすく伝えたいと奮闘中。

  • 参考になった26041

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 柄谷雅紀

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      ガンバ大阪時代によく取材していました。当時から、クラブハウスを出てくるのはいつも最後。自主練に加え、入念に体のケアを行うプロ意識の高い選手でした。そして、何事にも誠実に真摯に向き合う人柄も当時から。だからこそ、ファンに愛され、監督に重宝され、同僚からも信頼が厚い。そして、我々メディアからもとても愛された存在でした。
      もともとガンバ大阪の下部組織育ち。しかし、徳島、大宮、福岡と期限付き移籍で計5シーズンも渡り歩いた苦労人です。福岡ではレンタル組にも関わらず、請われて主将を務めるほど人望も厚いプレーヤーです。決してうまさがあるわけではありません。でも、「丹羽大輝だったら」と思わせてくれる選手であることは間違いありません。ガンバ大阪から広島、FC東京と移っても、変わらぬ姿勢を貫ける本物のプロですね。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 柄谷雅紀

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      「新生日本」を印象づけるには十分でした。象徴的な存在になったのが22歳の小林陵選手と23歳の佐藤選手です。佐藤選手は1回目は1番手の中で3位、2回目は2位とキッチリ仕事をしました。小林陵選手は5位で回ってきた1回目に好ジャンプでメダル圏内の3位に押し上げ、プレッシャーが懸かる最後のジャンプもしっかりまとめました。33歳のベテラン伊東選手が「若い選手が頑張ってくれた。後輩達に助けられた」と感謝するほどでした。佐藤選手は今季初めてW杯3位以内に入り、小林選手はW杯初勝利を挙げてから一気に勝ち数を伸ばして現在11勝。今大会は代表入りできなかった46歳の葛西選手と31歳の竹内選手、それに伊東選手の3人が平昌五輪まで日本の主力として長年活躍してきました。長らく若手の台頭がありませんでしたが、今季、一気に若手が開花しました。ベテラン勢に若手が刺激を与えて切磋琢磨すれば、さらにいいチームができそうです。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 柄谷雅紀

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      世界選手権と五輪を通じて5年ぶりのメダル獲得は「新生日本」を強く印象づける戦いぶりでした。今季、W杯で初めて表彰台に上った1番手を任された23歳の佐藤幸選手が2回ともいいジャンプをそろえてリズムをもたらし、33歳のベテランで2番手の伊東選手と3番手で中堅の27歳小林潤選手が流れを切らさず、今季エースに成長した22歳の小林陵選手につないでメダルを勝ち取りました。昨季の平昌五輪までは葛西選手、伊東選手、竹内選手が長らく日本を支えてきましたが、今季はその2人が代表に入れないほど若手が台頭しました。今大会はまだ出番がありませんが、代表入りしている22歳の中村選手、W杯下部で経験を積んでいる21歳の佐藤慧選手ら、若い力が伸びてきています。もちろん、葛西選手も竹内選手もまだまだ健在です。男子ジャンプ界には、若手、中堅、ベテランが切磋琢磨してお互いに刺激し合う環境ができつつあります。

    • 柄谷雅紀

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      イタリアでも出番を与えられていた中での負傷で、大変残念です。日本代表の中田久美監督も「イタリアでどう成長するか楽しみにしたい」と期待を寄せていただけに、イタリアでプレーできなくなる上、来季の代表シーズンに不在となるのは痛手です。長岡選手は昨年の3月に全く同じケガをしており、そこからのリハビリを経て今年から代表復帰し、アジア大会や世界選手権で活躍しました。同じケガをするというのはあまりないことであり、不運というしかありません。関係者によると、前十字靭帯の再建手術を経て、順調にいけば来秋の復帰が見込まれています。東京五輪前の国内リーグに間に合うのは不幸中の幸いです。モチベーションを保ってリハビリに励んでほしいと思います。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 柄谷雅紀

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      決勝戦にふさわしい、素晴らしい試合でした。セルビアがサーブでイタリアの17番シッラを狙い、攻撃面で機能させなかったことが功を奏しました。ボシュコビッチ、ミハイロビッチという左右の2枚エースは強力で、最後まで崩れませんでした。ミドルブロッカーのラシッチの攻守での貢献も大きかったです。攻撃力だけではなく、ブロックとレシーブの連係が取れた堅固な守備も大きな勝因の一つです。優勝にふさわしいチームだったと思います。セルビアは代表チームと言えど専用コートはなく、一般の人たちと同じスポーツセンターで2時間しか練習できないとテルジッチ監督は言っていました。セルビアの女子として初の世界一のタイトルを手にし、取り巻く環境が「少しでもいい方向に変わってくれれば」とテルジッチ監督は言いました。決して恵まれているとは言えない環境を乗り越えての優勝に、心から祝意と敬意を表したいと思います。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 柄谷雅紀

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      今季最大の目標にしてきた大会は6位で終わりました。アジア大会で4位に終わったことを考えると、悪くなかったと思います。22歳の古賀選手がエースとして独り立ちしたことは大きな収穫です。長岡選手もケガから復帰し、戦力なりました。中田監督は「トータルディフェンスが機能していたときの日本はそう簡単には負けない」と手応えも語っていました。しかし、忘れてはいけないことがあります。セルビアには2次リーグで勝ちましたが、エースのボシュコビッチ選手が出場した3次リーグではストレート負けです。オランダ、ブラジル、イタリアには競り負けました。そして米国にも負けました。東京五輪でメダルを目指すためには、これらのチームに加えてロシア、今大会は対戦がなかった中国やタイ、韓国にも勝たないといけません。東京五輪でのメダル獲得のためには、まだまだ課題があります。あと2年でどんなチームにしていくのか。中田監督の手腕に期待です。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 柄谷雅紀

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      サーブで相手を崩し、ブロックで圧力をかけ、レシーブで粘って切り返す。日本の狙ったバレーが展開できていたと思います。フルセットまで追い詰めても、最後は勝ちきれない。それが世界のトップを争うチームとの差です。「組織力や戦術もあると思うけど、最後は個々のスキルで勝ちきらないといけない」と荒木選手は言いました。体格差があるのですから、日本は技術で優位に立たないといけません。しかし、ブロックを抜く技術、レシーブがいないところに落とす技術など、勝負どころでイタリアが上でした。チャンスボールの処理が雑だったり、打ちきれないトスが上がっていることもありました。中田監督は「日本が世界と戦っていく上で地上戦では負けてはいけない。守備力とかサーブレシーブとかが世界のトップであることは最低条件。それに加えて空中戦でどこまで世界との差を縮められるかがこれからの課題」と言いました。残された時間は2年を切っています。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 柄谷雅紀

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      フルセットまで粘っても、わずかに及ばない。これが日本の現在地でしょう。イタリアのエゴヌは高く、パワフルでしたが、それに加えて確かな技術がありました。日本にマークされましたがブロックとブロックの間を確実に抜いてきて、58本中34本のスパイクを決めました。第5セットの15点目は、それまでクロスばかり打っていましたが、日本が空けていたストレートに強打をたたき込んで奪いました。逆に日本は、勝負どころでミスが出たり、ブロックされたり。ここぞの場面でセッター田代選手のトスが乱れることもありました。アジア大会で4位に終わったことを考えると、ここまで来られたのは上出来と言っていいかもしれません。しかし、14日はセルビアに完敗し、ブラジルやオランダにも2-3で敗れており、世界の強豪にはまだ勝てていません。5位決定戦で米国と真剣勝負できるのは貴重な機会です。東京五輪につながる何かを見つけてほしいと思います。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 柄谷雅紀

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      セルビアの堅い守備を崩すことができず、完敗でした。高いブロックに有効なワンタッチを取られ、高確率で日本の攻撃は切り返されました。ブロックを抜いてスパイクを打っても、そのコースにはレシーバーがいて拾われました。ディグの本数は日本の34本に対し、セルビアは46本。古賀選手は23本中5本しか決められませんでした。世界的なエースであるミハイロビッチやボシュコビッチがおり、圧倒的な攻撃力を誇るセルビアに、これだけ守られては日本は太刀打ちできません。古賀選手は試合後、「点数が取れないにしてもフェイントをボシュコビッチの前に落として足を崩すとか、工夫ができればよかった」と悔いていました。2段トスやつなぎの部分でも日本は精度が低く、勝てる要素はありませんでした。次のイタリア戦に勝たねば準決勝には進めません。イタリアもブロックが高く、守備が堅い相手です。この試合の反省を生かして戦わねばなりません。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 柄谷雅紀

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      1セット取れば突破が決まる日本と、3-0で勝てば突破できるブラジル。試合の行方を大きく左右するのは第1セットでした。もし日本が落としていれば、プレッシャーがかかって第2セット、第3セットはさらに奪いにくくなったでしょう。しかし、日本は17-22から第1セットを逆転して奪い、3次リーグ進出を決めました。終盤に6点差をつけられても集中力を切らさず、サーブとブロック、レシーブを連携させた守備が機能しました。プレッシャーのかかる場面でサーブターゲットだった16番のロドリゲスをしっかり狙って打った荒木選手も見事でしたし、隙のないブロックをした奥村選手、フロアディフェンスで踏ん張った井上選手や石井選手も素晴らしいプレーでした。3次リーグは今大会9戦全勝のイタリア、2次リーグで日本が勝ちはしたものの、そのときはエースが欠場していたセルビアと当たります。準決勝に進むためには、どちらかを破る必要があります。

残り42

もっと見る