Y!オーサー

神田敏晶

ITジャーナリスト・ソーシャルメディアコンサルタント

神田敏晶

神戸市生まれ。ワインの企画・調査・販売などのマーケティング業を経て、コンピュータ雑誌の編集とDTP普及に携わる。1995年よりビデオストリーミングによる個人放送局「KandaNewsNetwork」を運営開始。早稲田大学大学院、関西大学総合情報学部、サイバー大学で非常勤講師を兼任後、ソーシャルメディア全般の事業計画立案、コンサルティング、教育、講演、執筆、政治、ライブストリーム、活動などをおこなう。メディア出演、コンサル、取材、執筆依頼 などは 070 5589 3604 まで

  • 参考になった58867

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 神田敏晶

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      日本の抱える問題を浮き彫りにしているニュースです。
      むしろ、この公務員の『もったいない』『家計が助かる精神』ほど、今の日本に必要な事。
      いや、むしろこの誰も不幸にならない個人の『ビジネスハック』を慣用できないことこそ問題だとボクは思う。やってはいけないい事だけど、法改正を変えれば、誰かを幸せにできるべき事。フードロス問題から、公務員、すべて平等、公平を目指すよりも、突き抜けた人が、突き抜けられない人をカバーすべき時代だとボクは想いたい。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 神田敏晶

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      中国の顔パス認証の凄さは、便利さと同時にすべての個人の行動もヒモづけされている事。顔パスの前に地下鉄の入口での形骸化されている手荷物検査なども顔パススコアなどでもっと効率化したほうが良い。手荷物検査が必要な人と必要でない人を分けていくなども簡単にできそうだ。しかし、すべて管理されたほうが楽と考える人をどれだけ増やせるかにかっているだろう。

    • 神田敏晶

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      Appleが廉価版iPhoneを出さないのは、現行ラインナップからのランクダウンさせない為でもあった。しかし、現行機種のカメラの複眼化による差別化によって、廉価版でもiOSを使いたい人たちとの棲み分けは明確になった。Android端末よりも少し高めでもiOSによる使い勝手を提供し、サービス利用者を獲得することは次のフェイズでもある。AppleCardなどの金融面での抱え込みも考えると端末はむしろ無料で支給してもよいくらいだろう。

    • 神田敏晶

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      毎年、確実に新製品が登場し、マイナーアップデートを繰り返しているiPhone。世界中で年間でのサブスクリプションユーザーがいるならば、製品の配布時期によって、サブスクリプション料金を変化させることもできるだろう。むしろ、株主として、株主優待販売として、顧客をステークホルダー化させることもできるだろう。製品とサービスと顧客の結びつきを考える上においてもサブスクモデルでの契約モデルは新たなサプライチェーンモデルとなりそうだ。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 神田敏晶

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      早速トライしてみた第一印象は、『NETFLIX』との差別化が非常に難しいと感じた。字幕や音声はNETFLIX同様、自由に変更できる。
      しかし、新作の作品がApple Originalのみで、他はすべて有料のサブスクなのに、購入とレンタルばかりが目立つのはデメリットだらけだ。
      『TV』アプリでマルチデバイスで視聴できるが、Amazon Fire TVなどでは『TV』アプリを見つけられなかった。なによりも、日本で製作している番組も皆無だ。
      CarPool KARAOKEなどのフォーマットで日本版などを早急に製作にかかるべきだろう。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 神田敏晶

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      『クッキー』の情報収集が『独占禁止法違反』に触れる恐れの文脈がよくわからない。誰もがネット上のサービスで利用できる機能だからだ。クッキーの情報取得の許可も事前に出るようにもなっている。ただ、個人が特定できているSNS事業者にとっては有益なマーケティング情報であることには間違いない。しかしGAFA企業が威力を持てたのは市場に支持された結果である。広告テクノロジーが無駄な広告費を削減し、ECサイトが顧客を絞れたのも『クッキー』のおかげだ。無料のサービスが提供できるのは誰かがあなたの替わりに物品やサービスを購入しているから。自衛したければ、ブラウザの『クッキー』を完全にオフにすればよいだけだ。それがどれだけの不便なのかを実感してみると良い。国民の命と財産に影響を与えない経済的なバランスでの外資への規制はデジタル時代の関税制度と変わらない。中国のようなネット上の代替手段さえ我々は持っていないのだ。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 神田敏晶

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      UberEatsの問題、利用したことのない人のネガティブなコメントが多いようだ。利用者で嫌な思いをした人は、使うのを単に辞めればよいだけ。それが一番、UBERには辛い。極端な事例でこのサービスが悪いと決めつけてしまうのはサービスの進化にとっても損失である。
      しかし、社会的には、乱暴な運転やスマホ見ながら走行の宅配ドライバーも多い。たった一人のドライバーの信頼が全体の信頼を下げるので、あのバッグに個人ナンバーを明記するようすべきだろう。無謀な運転は通報できるようにもするべきなのだ。シェアリング経済と社会の適応には既存のマナーも適用しなければならない。また、通常のサービスとの違いも社会に浸透するためにはそれだけの投資と教育が必要だ。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 神田敏晶

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      Uber Eats配達トラブルの極端な事例が取り上げられている。一度イヤな思いをするとサービスを使いたくないと思うし、電話での事務局の対応がマニュアル通りであれば頭にもくる。食品が捨てられていたというのはドライバー個人の問題だ。ましてやソーシャルで拡散されメディアで取り上げられることによって悪感情は一気に増幅してしまう。これは極端な事例なのだ。
      ただ、サービスが浸透すればするほど、常にドライバー不足の問題は発生している。上司がいない、自由裁量で好きな時に働ける。日本語がわからなくても宅配できる。筆者も天気の良い日にだけ気分転換で宅配している。宅配ドライバーが継続できる新人ドライバーを紹介するとインセンティブとして6万円が渡される(ドライバーになった人はもらえない)などの常に売り手市場が続く…。互いに評価される評価型経済の力学である。自宅もわかってしまうので安易なソーシャルでの公開は危険だ。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 神田敏晶

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      炎上商法的に常に話題が耐えない仕掛け作りの上手い、N国党の党首でもあり国会議員の立花孝志氏が書類送検された。送検は身柄を検察に送る逮捕ではなく取り調べ調書を検察に送り、検察が今度は取り調べを行うこと。民事の訴訟では慣れている立花議員も、刑事事件を処理する権限と責任が警察から検察へ移る書類送検はおそらくはじめての事だろう※ご本人の動画で5回目とご指摘ありお詫び申し上げます。当然、身柄は普段と変わらないので、立花議員はYouTubeなどでこのことを取り上げるが、『書類送検』を受けた側のイメージ低下は想像以上だ。セグウェイの路上走行で筆者も『書類送検』を受けた事があるが、社会的にはずっと『逮捕者』として誤認される傾向にある。立花議員はこのピンチをどう切り抜けるのか、なんでも公開する側とされて嫌がる側との抗争劇の議員当選のシーズン1から、シーズン2のオープニングが始まった。
      ※一部修正しました。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 神田敏晶

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      復旧しているように見えて、まだ障害が残っていますね。アカウントごとによって障害がちがうようです。
      無料の広告サービス事業と理解はしていても、社会的なインフラとして成立しているので、万一の時はライフライン並みに困ります。日本も中国のように、独自のインフラは持っておくべきでしょう。普段は使われなくても、マイナンバーでログインできるようなインフラは、待っておくべきでしょう。しかし、普段から使われないインフラは役に立ちません。ポイント還元やら今後は、接点があるので本気でマイナンバーを普及させるには、本気で便利なサービスインフラとしてバックアップ策として持っておくべきかと思いました。

残り127

もっと見る