角間惇一郎

NPO法人いいちばみらい代表理事 報告 オーサー

水商売や風俗産業など『夜の世界』でのお金の流れは、大きなお金の流れと相関するものです。好景気のときは店舗も女性も儲かり、不景気のときは儲からない。とてもシンプルな世界です。

それゆえに違和感があるのは、『貧困で風俗水商売に』の様な報道がここ数年続いていることです。水商売も風俗もやれば稼げる仕事ではなく、市場の影響をモロに受ける仕事です。貧困のアリバイや怖いもの見たさで夜の世界を覗き見るより、景気の良し悪しを判断する指標としてみたほうが有益なことが多いと断言できます。

こちらの記事は掲載が終了しています

角間惇一郎

NPO法人いいちばみらい代表理事

元夜の世界の人でした。今は設計事務所とNPO法人の代表です。時々著述家。著作『風俗嬢の見えない孤立(光文社新書)』1983年佐渡ヶ島生まれ。

角間惇一郎の最近の記事

角間惇一郎の最近のコメント

  • 早見あかり、第1子妊娠を報告「ママになるために成長できたら」 ももクロメンバーも笑顔で祝福写真

    オリコン 5月24日(日) 11時44分

    角間惇一郎

    |

    明るいニュースが本当にありがたく、同時に『安定期に入っており』という配慮の元、報道がなされた点につい...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    角間惇一郎

    |

    傾向として、慰安婦問題に関わらず『性的』な事象は人々の感情を刺激し、ときに社会運動の核としてものすご...続きを読む