Y!オーサー

甲斐かおり

地域をフィールドに書くライター

甲斐かおり

地域をフィールドにした活動や人物ルポを雑誌やウェブで執筆。Yahoo!ニュースでは移住や空き家、地域コミュニティ、市民自治など、地域課題やその対応策となる事例を中心に書いています。長崎県生まれ。会社員を経て2010年より独立。2012年より各地域のプロジェクトに携わり、地元の情報発信やメディアづくり、市民向けのライティング講座なども行う。執筆に携わった書籍に『子どもとアーティストの出会い』(トヨタ)『日本をソーシャルデザインする』(朝日出版社)、取材著書に『Local Life Book 暮らしをつくる』(技術評論社)。移住をテーマにする雑誌『TURNS』にて連載中

  • 参考になった107

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 甲斐かおり

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      地方創生で成果が出ていないことの表れ。起業支援制度も発表になったが、移住と起業をセットにして考えすぎな印象。より抜本的な制度が必要。人脈も地盤もない中で起業しようと思える人は数として多くないし、「そろそろ都会から離れたいなぁ」程度の(移住が主眼の)人が助成金に頼って起業してもうまくいく確率は高くない。地元に地盤のある企業で新事業を起こして雇用した方がまだいい。

      効果的だと思うのは、いま東京に集まりすぎている企業の分散。都会のサラリーマンにも、同じ条件で働けるなら地方で暮らしたい人は多いはず。企業の支社をつくる支援や、リモートワークの促進が有効ではないか。
      地方で暮らしながら企業でしっかり働けて、農や自然を楽しむ趣味の両方が手に入るライフスタイルが理想的。

      移住支援最大100万円は転居費用として考えると一時的な効果はあるかもしれないが、どんな仕事が斡旋されるか次第。