伊藤和子

弁護士、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長 報告 オーサー

山口真帆さんの卒業は、声をあげた被害者が職場を追われる著しく不当な結論です。
事件を発信した際、社長は「不起訴になったことで事件じゃない」と述べたとされますが、不起訴でも所属アイドルに起きた被害、人権侵害である以上、再発防止は運営の責務です。
「会社を攻撃する加害者だ」など、ハラスメントの被害者をトラブルメーカーとして責めるありえない暴言です。
 事件について目を「そらさないなら辞めろ」というのは違法な退職強要に該当するでしょう。
 NGT48と山口さんの契約は形式上は委託契約等でしょうが、実態からみて雇用類似の契約と考えるべきで、運営は職場環境調整義務、安全配慮義務を負い、違法な退職強要は許されないはずです。
 山口さんに犠牲を強いる解決は明らかに不当です。本件はAKSのアイドルに人権が保障されていない現状を改めて露呈した由々しき案件であり、このまま終ることは到底許されないでしょう。

こちらの記事は掲載が終了しています

伊藤和子

弁護士、国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ事務局長

1994年に弁護士登録。女性、子どもの権利、えん罪事件など、人権問題に関わって活動。米国留学後の2006年、国境を越えて世界の人権問題に取り組む日本発の国際人権NGO・ヒューマンライツ・ナウを立ち上げ、事務局長として国内外で現在進行形の人権侵害の解決を求めて活動中。同時に、弁護士として、女性をはじめ、権利の実現を求める市民の法的問題の解決のために日々活動している。ミモザの森法律事務所(東京)代表。

伊藤和子の最近の記事

伊藤和子の最近のコメント

  • 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察写真

    毎日新聞 8月10日(月) 21時55分

    伊藤和子

    |

    周庭さんは若者が立ち上がる香港の民主運動の象徴的存在として活躍し、国際的にも大きな応援を集めてきまし...続きを読む

  • 「花さんの胸をさわれ」テラスハウスやらせ 男性出演者・小林快さんも実名証言写真

    文春オンライン 7月8日(水) 16時00分

    伊藤和子

    |

    テレビ局やエンターテイメント業界は、タレントになりたい、有名になりたいという夢を持つ若者を消耗品のよ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント