Y!オーサー

石川温

ケータイ/スマホジャーナリスト

石川温

日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経TRENDY編集記者としてケータイ業界などを取材し、2003年に独立。現在は国内キャリアやメーカーだけでなく、グーグルやアップル、海外メーカーなども取材する。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。ニコニコチャンネルでメルマガ「スマホ業界新聞」を配信。近著に『iPhone5から始まる!スマホ最終戦争』(日本経済新聞出版社刊)がある。

  • 参考になった5864

    • 石川温

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      昨年10月の事業法改正により、大手3キャリアを契約しているユーザーが解約しなくなっている。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクとも解約率が落ちており、格安スマホへの移行がストップしている状態にある。
      また、4月から楽天が第4のキャリアとして携帯電話サービスを始めるが、大手3キャリア、MVNOともに楽天の料金プランがいくらになるのかを注視している状態。楽天は3月3日に料金プランを発表すると公言しており、そのインパクトによって、さらなる料金競争が起こる可能性もゼロではない。

    • 石川温

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      アップルが主語として語られているが、スマホ業界全体への大打撃として考えるべき。世界トップシェアのサムスン電子は生産拠点はベトナムにあるものの、部材は中国メーカーに頼っており、生産への影響は必至。もちろん、世界2位のファーウェイも大打撃は避けられそうにない。実際、ファーウェイは日本の部材メーカーから年間8000億円近く、部材を調達している。アップルだけでなく、ファーウェイも失速すれば、日本企業への悪影響は想像を遥かに超えたものになりそう。

    • 石川温

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      今回、終了するのはiモードの「検索」サービス。フィーチャーフォン(いわゆるガラケー)向けに提供されていたサイトを検索できるサービスが終了する。確かに企業などが提供するガラケー向けのサイトが続々と終了していることを考えると当然の結果といえる。今のガラケーユーザーは「サイトを見る」というよりも「音声通話」がメインであるため、ガラケー向けサイトの需要が激減しているようだ。
      昨今、PayPayやau Payなどのスマホ決済アプリが様々な機能を載せて「スーパーアプリ」化しようとしているが、iモードは20年も前から様々な機能が載った「スーパーサイト」であったように思う。スーパーアプリは単にガラケー向けからスマホ向けに変わっただけに過ぎず、プラットフォームが目指す姿はいつの時代も変わらないのではないか。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 石川温

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      世界でファーウェイを排除しているのはアメリカ、日本、ベトナム、オーストラリアぐらいしかない。日本のキャリア幹部によると「ファーウェイの設備は数年先の技術が盛り込まれている。しかも安い」という。イギリスは、5Gを導入する際に最先端で安価なファーフェイ製品を導入することが結果としてユーザーもメリットにつながると判断したのではないか。日本も、コストパファーマンスのいいスマホ、最先端の5Gネットワークを提供したいのならばファーウェイを導入せざる得ないのではないか。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 石川温

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      KDDI(2022年3月末)、NTTドコモ(2026年3月末)に続いて、ソフトバンクが2024年1月末に3Gを終了させると発表。これで「ガラケーが使えなくなる」と誤解する人も多いのですが、確かにガラケーは3Gがメインだったりしますが、ここ数年、「4Gのガラケー」が各社から発売されています。なので、3Gの終了がアナウンスされたからといって、キャリアにそそのかされて、慌ててスマホに乗り換える必要はなく、「4Gのガラケー」に買い換えればいいのです。

    • 石川温

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      結局、昨今のファーウェイに対する制裁はトランプ大統領の中国に対する交渉の「カード」でしかないから、トランプ大統領の心変わり次第でアッサリと事態が好転しそう。
      ファーウェイに部品を納入している日本メーカーや、ファーウェイが所有する5Gに関する特許のことを考えたら、いまの状況が続くのは誰も得しない。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 石川温

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      スマホの普及がひと段落し、次の「飯のタネ」を探しているモバイル業界にとって、IoTに期待している人は多い。
      しかし、仮に自動販売機に通信機器が載り、ジュースが売れた量が通信で送られたとしても、「5本」「10本」といったデータでしかなく、ほんのわずかなデータ通信量でしかない。メールよりもはるかに少ないパケット量であるため、通信会社にとっては全く儲かる要素がないのだ。
      そこで、孫社長は、IoT時代において、「通信会社」としてのソフトバンクでは儲からないと判断。世界中でIoTのチップが売れるのは間違いないため、通信ではなく、チップが売れることで儲かるARM社を買収したというわけだ。
      一方、KDDIはIoTでトヨタ自動車と提携。トヨタのクルマに通信機器を載せ、走行データを集めると共に、その走行実績にふさわしい、自動車保険などを販売して儲けようと考えているようだ。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 石川温

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      今後はAndroidを採用したガラホが中心になることは間違いない。
      ただ、安価な料金を好んでガラケーを使い続けているというニーズをキャリアも理解しているので、将来的にはガラホでもガラケー並みの料金プランになることもありえる。
      また、Firefox OSを採用したガラホも開発が進むなど、またまだ先は見えない感じ。
      そんなに悲観する必要はないと思う。