井上久男 認証済み

経済ジャーナリスト 報告

ウーブンは織り合わせる、といった意味がありトヨタの祖業である織機を想像させます。トヨタは新たなる創業のつもりでこれに取り組む考えです。一般的にはこうした街はスマートシティと呼ばれ、賢い街という意味です。自動運転などだけではなく、遠隔医療や遠隔教育などを5Gなど新しい技術を使って、新しいライフスタイルを提供し快適に生活できる街のことでもあります。このため住宅会社、通信会社、エネルギー会社など様々な企業との連携も重要です。車作りではトヨタはサプライチェーンの頂点に君臨し、トヨタの指示に従ってくれる会社が多いのですが、こうした街づくりではこの指止まれ的に多様な価値観の仲間を集めて対等な関係で皆が知恵を出し合って街づくりしていくことが重要です。トヨタにはこれまでと違う姿勢が求められるでしょう。この場所は工場跡地でそれほどスペースが広くないので大規模な実証試験ができるかは課題の一つでしょう。

井上久男 認証済み

経済ジャーナリスト

1964年生まれ。88年九州大卒。朝日新聞社の名古屋、東京、大阪の経済部で主に自動車と電機を担当。2004年朝日新聞社を選択定年。05年大阪市立大学修士課程(ベンチャー論)修了。主な著書は『トヨタ愚直なる人づくり』(ダイヤモンド社)、『トヨタ・ショック』(講談社、共編著)、『メイドインジャパン驕りの代償』(NHK出版)、『会社に頼らないで一生働き続ける技術』(プレジデント社)、『自動車会社が消える日』(文春新書)。近著にカルロス・ゴーン氏の功罪を振り返りながら今回の事件の背景と本質に迫った企業ノンフィクション『日産vs.ゴーン 支配と暗闘の20年』(文春新書)。

井上久男の最近の記事

井上久男の最近のコメント

  • EV普及で雇用30万人減も 部品減で、メーカー苦境写真

    共同通信 2月20日(土) 16時43分

    井上久男認証済み

    |

    17~18世紀にかけて蒸気機関が新たな動力源となって産業革命がおこり、20世紀初頭に馬車から車に代わ...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    井上久男認証済み

    |

    筆者が関係者を取材した限りでは、アップルカーは韓国の現代自動車傘下の起亜自動車の米国ジョージア州工場...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント