猪瀬聖

ジャーナリスト 報告 オーサー

トランプ氏はもともと黒人票は当てにしていません。自分が黒人に人気がないのはわかっているし、黒人票はオバマ前大統領の副大統領をつとめた民主党のバイデン候補に行くとわかっているので、とくに黒人票をとりにいくような努力はしないでしょう。トランプ大統領が一番心配しているのは、最近の世論調査で、キリスト教福音派など宗教票がトランプ離れを起こしつつあることが明らかになったことです。結果的に宗教関係者の批判を招いて失敗に終わりましたが、先日、ホワイトハウス近くに集まった黒人差別に抗議するデモ隊を催涙弾などで蹴散らして、教会前で聖書をかかげたパフォーマンスをしてみせたのは、再選に向けて、福音派や反黒人色の強い白人保守層などにアピールするためのものとみられています。

こちらの記事は掲載が終了しています

猪瀬聖

ジャーナリスト

慶應義塾大学卒。米コロンビア大学大学院(ジャーナリズムスクール)修士課程修了。日本経済新聞生活情報部記者、同ロサンゼルス支局長などを経て、独立。食の安全、働き方、マイノリティ、米国の社会問題を中心に幅広く取材。著書に『アメリカ人はなぜ肥るのか』(日経プレミアシリーズ、韓国語版も出版)、『仕事ができる人はなぜワインにはまるのか』(幻冬舎新書)など。

猪瀬聖の最近の記事

猪瀬聖の最近のコメント

  • トランプ氏、大統領選延期を提案 「不正」理由に 共和党内からも批判写真

    AFP=時事 7月30日(木) 22時31分

    猪瀬聖

    |

    記事にもあるように、米国の選挙で郵便投票による大規模な不正が起きたことを示す証拠はありません。にもか...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    猪瀬聖

    |

    「3密」は、WHOが訳すだいぶ前から、欧米メディアが日本が新型コロナの封じ込めに成功した理由の1つと...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント