猪瀬聖

ジャーナリスト 報告 オーサー

日本のメディアが通常のニュース番組で伝えているのは、トランプ大統領の言い分と、略奪行為の現場やデモ隊が警官隊と衝突するセンセーショナルな映像がほとんです。しかし、米国内のメディアは、デモ隊の大半は平和的に行進しており、略奪行為を働いているのはデモとは無関係な便乗犯との論調も多く、そうした映像も盛んに流しています。また、トランプ大統領の強硬発言を知事の多くが批判的に見ていることも報道しています。日本にとっては所詮、遠く離れた海外のニュースであり、現地の取材体制も限られているため、特に報道の初期段階では事実の伝え方が偏ってしまうのはやむを得ない面もありますが、それによってニュースの受け手の印象が180度違ってしまう可能性があることにも、留意しておかなければなりません。

こちらの記事は掲載が終了しています

猪瀬聖

ジャーナリスト

慶應義塾大学卒。米コロンビア大学大学院(ジャーナリズムスクール)修士課程修了。日本経済新聞生活情報部記者、同ロサンゼルス支局長などを経て、独立。食の安全、働き方、マイノリティ、米国の社会問題を中心に幅広く取材。著書に『アメリカ人はなぜ肥るのか』(日経プレミアシリーズ、韓国語版も出版)、『仕事ができる人はなぜワインにはまるのか』(幻冬舎新書)など。

猪瀬聖の最近の記事

猪瀬聖の最近のコメント

  • トランプ氏、大統領選延期を提案 「不正」理由に 共和党内からも批判写真

    AFP=時事 7月30日(木) 22時31分

    猪瀬聖

    |

    記事にもあるように、米国の選挙で郵便投票による大規模な不正が起きたことを示す証拠はありません。にもか...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    猪瀬聖

    |

    「3密」は、WHOが訳すだいぶ前から、欧米メディアが日本が新型コロナの封じ込めに成功した理由の1つと...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント