井出留美

食品ロス問題ジャーナリスト・博士(栄養学) 報告 オーサー

魚市場からは毎日多くの規格外の魚が発生します。たとえば輸送中に擦れあってウロコが剥がれた魚、カニの脚が1本とれたもの、ハマグリの粒の大きさが揃わないもの、旬でない時期に出回るホッケ、アラ、大き過ぎて料理人に敬遠される魚などです。このような魚を当日市場から集め、美味しく加工している居酒屋が東京にあります。JR有楽町駅から徒歩5分、築地もったいないプロジェクト魚治。2019年6月には中目黒に豊洲もったいないプロジェクト魚治が登場しました。持ち帰り専門の寿司屋でも、こうした「未利用魚」を使っている店があります。こうした規格外の魚を利用する居酒屋や寿司屋などの飲食店は、関西や九州にも登場しています。消費者は、大地を守る会の通販「もったいナイシリーズ」などを通して購入可能です。実は、獲れる魚の40%くらいが何らかの理由で廃棄されているというデータもあります。中落ち始め、美味しく食べていきたいですね。

こちらの記事は掲載が終了しています

井出留美

食品ロス問題ジャーナリスト・博士(栄養学)

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン(株)、青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。311食料支援で廃棄に衝撃を受け誕生日を冠した(株)office3.11設立。「食品ロス削減推進法」成立に協力した。世界資源研究所(WRI)とオランダ政府が運営し食品ロス削減を目指すチャンピオン12.3メンバー。著書に『賞味期限のウソ』『食品ロスをなくしたら1か月5000円の得』。食品ロスを全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門/Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018受賞

井出留美の最近の記事

井出留美の最近のコメント

  • 名産のスイカ「捨てるしか…」 大量の在庫に農家から悲痛な声写真

    琉球新報 5月10日(日) 10時24分

    井出留美

    |

    生産者さんがインターネットを通して直接、消費者に販売することができる、生産者直送サービスが複数ありま...続きを読む

  • テイクアウト用の容器が逼迫、デリバリーの新規参入も厳しく…緊急事態宣言の延長で飲食業界に不安写真

    AbemaTIMES 5月5日(火) 19時52分

    井出留美

    |

    この時期なので、近所の店で買うならお客が持ち帰る容器を持参してはいかがでしょう。知人は、家からお皿を...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント