井出留美

食品ロス問題ジャーナリスト・博士(栄養学) 報告 オーサー

同じコンビニ名(企業名)なら本部も加盟店も同じベクトルに向かって経営するはずです。でも本部は食品を見切り(値引き)するより廃棄した方が儲かる。一方、加盟店側の損益計算書を分析すると、見切りしない年と見切りした年とでは廃棄せず見切って売り切る方が年間400万円以上も利益が出ます。本部は期限接近した食品を捨てた方が儲かり、加盟店は捨てると赤字になる。同じコンビニなのに本部と加盟店とで利益を出す方向性やベクトルが真逆なのは納得いきません。トイレットペーパーや割り箸は本部でなく加盟店負担です。「契約する時点でわからなかったのか」と加盟店を責める声がありますが、募集段階では「休み取れます」「社員もサポート入ります」と謳っておきながら現実にはそうではありません。社会の状況が変わるからこそ働き方改革や食品ロス削減推進法など新たな制度が立ち上がるわけで「昔のルールを未来永劫守り続けろ」という声は疑問です。

こちらの記事は掲載が終了しています

井出留美

食品ロス問題ジャーナリスト・博士(栄養学)

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)、修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン(株)青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。311食料支援で食料廃棄に憤りを覚え、誕生日を冠した(株)office3.11設立。日本初のフードバンクの広報を委託され、PRアワードグランプリソーシャルコミュニケーション部門最優秀賞へと導いた。『食品ロスをなくしたら1か月5,000円の得』『賞味期限のウソ』。食品ロス問題を全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして2018年、第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門受賞。Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018受賞

井出留美の最近の記事

井出留美の最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    井出留美

    |

    魚市場からは毎日多くの規格外の魚が発生します。たとえば輸送中に擦れあってウロコが剥がれた魚、カニの脚...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    井出留美

    |

    米国には余剰農産物を国が買い上げ必要とする組織へ配分できる、余剰農産物に関する法律があります(195...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント