井出留美

食品ロス問題ジャーナリスト・博士(栄養学) 報告 オーサー

この記事では「賞味期限」と「消費期限」が混同されています。最初の質問で「安全に飲めるのは?」と聞いています。これは冒頭で使われている「賞味期限」(美味しさの目安)ではなく「消費期限」(安全に食べられる期限)のことです。その質問の答えとして「賞味期限は2〜3日を目安にするのが安全です」とされていますがこれも「消費期限」のことです。加工食品の場合、安全に飲食できる期間が5日以内のものに消費期限表示が使われ、それ以上日持ちする物には美味しさの目安「賞味期限」が使われます。「しょうひきげん」と「しょうみきげん」は発音すると一文字しか違わず、一般の方は混同しています。消費者に啓発する立場で影響力の大きいメディアですら誤った情報を流し「賞味期限」で食品を捨てる人がさらに増えます。食品ロス削減推進法を成立させてもメディアが誤った情報を流布してはロスは減りません。基礎知識を確認し正しい情報を発信して下さい

井出留美

食品ロス問題ジャーナリスト・博士(栄養学)

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学/女子栄養大学大学院)、修士(農学/東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン(株)青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。311食料支援で食料廃棄に憤りを覚え、誕生日を冠した(株)office3.11設立。日本初のフードバンクの広報を委託され、PRアワードグランプリソーシャルコミュニケーション部門最優秀賞へと導いた。『食品ロスをなくしたら1か月5,000円の得』『賞味期限のウソ』。食品ロス問題を全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして2018年、第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門受賞。Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018受賞

井出留美の最近の記事

井出留美の最近のコメント

  • コンビニオーナー10人中10人が訴えた「苦境」、経産省ヒアリングで写真

    ダイヤモンド・オンライン 9月5日(木) 6時01分

    井出留美

    |

    同じコンビニ名(企業名)なら本部も加盟店も同じベクトルに向かって経営するはずです。でも本部は食品を見...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    井出留美

    |

    米国には余剰農産物を国が買い上げ必要とする組織へ配分できる、余剰農産物に関する法律があります(195...続きを読む