井出留美

食品ロス問題ジャーナリスト・博士(栄養学) 報告 オーサー

違約金と契約解除なしと伝えたのはよかったです。ただ最初の対応が「違約金1700万円」でしたから真意は判明しました。弁護士ドットコムが口火を切って報じ、マスメディアが追随して報道したための対応と思わざるを得ません。全国のオーナーに取材すると24時間営業の契約に苦しむのはこの店だけではありません。配偶者が入院し、基本的にワンオペで経営し、365日休みを1日も取れたことがない店舗もあります。オルタナ編集長の森摂氏は記事で「コンプライアンスには3種類ある」と書いています。1つが法令遵守、2つめが社内規則やマニュアル、3つめが社会からの要請・意見・批判等。1と2が狭義のコンプライアンスで3が広義のコンプライアンス。日本企業は残念ながら「広義に鈍感」だそうです。いくら契約上は合法であろうとも、社会の共感を得られなければ企業のイメージやブランドが失墜し得ることを、今回の一連の報道や世論を見て痛感します。

同じ記事に対する他のオーサーコメント

  • 佐藤昌司

    |店舗経営コンサルタント

    現在の状況でセブン本部が東大阪市の加盟店オーナーに対して短縮営業を理由とする違約金や契約解除を求めな...続きを読む

  • 今野晴貴

    |NPO法人POSSE代表。雇用・労働政策研究者。

    妥当な判断。ただし、今後の課題は、「明確なルール」を定めること。
    今回は強い世論の批判にさらされたこ...続きを読む

井出留美

食品ロス問題ジャーナリスト・博士(栄養学)

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学)(女子栄養大学大学院)修士(農学)(東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン(株)青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。311食料支援で食料廃棄に憤りを覚え、誕生日を冠した(株)office3.11設立。日本初のフードバンクの広報を委託され、PRアワードグランプリソーシャルコミュニケーション部門最優秀賞へと導いた。『賞味期限のウソ食品ロスはなぜ生まれるのか』(幻冬舎新書4刷)。食品ロス問題を全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして2018年、第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門受賞。Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018受賞

井出留美の最近の記事

井出留美の最近のコメント

  • 賞味期限切れ食品を「20円」で販売 食品ロスの究極対策とは

    産経新聞 3月24日(日) 10時00分

    井出留美

    |

    賞味期限は美味しさの目安であり、品質が切れる日付ではありません。賞味期限切れの販売は法律に抵触するわ...続きを読む

  • セブン本部、契約解除を撤回 短縮営業店に写真

    共同通信 3月14日(木) 12時11分

    井出留美

    |

    コンビニオーナーへの取材で印象に残っている言葉の一つは「人間らしい暮らしがしたい」というものです。コ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント