井出留美

食品ロス問題専門家・ジャーナリスト・博士(栄養学) 報告 オーサー

全国に約55,000店舗あるコンビニではデイリーと呼ばれる弁当やおにぎりは消費期限を時刻単位で表示しています。消費期限が切れる2時間前に販売期限が切れレジを通らない設定になっています(企業による)。従業員が機械を使ってバーコードをスキャンすると、販売期限が切れたら棚から撤去するよう指示が出ます。これら飲食品はチルド(弁当等)、パン、冷凍食品などカテゴリごとに1日6回程度トラックで運ばれてきます。サマータイム導入で時計の針を1〜2時間早めることは、システム管理者の設定変更はじめ、全ての関係者に膨大な負担をかけることになります。コンビニとスーパーの仕組みは違いますが負担はスーパーも同様です。期限が切れたのに食べる、食べられるのに廃棄するなど混乱もあるでしょう。この件に関してはメリットよりデメリットが大きいと考えます。多くの専門家が指摘している通り、サマータイム導入せずとも代替案が他にあります。

井出留美

食品ロス問題専門家・ジャーナリスト・博士(栄養学)

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学)(女子栄養大学大学院)修士(農学)(東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン(株)青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。311食料支援で食料廃棄に憤りを覚え、誕生日を冠した(株)office3.11設立。日本初のフードバンクの広報を委託され、PRアワードグランプリソーシャルコミュニケーション部門最優秀賞へと導いた。『賞味期限のウソ食品ロスはなぜ生まれるのか』(幻冬舎新書3刷)。食品ロス問題を全国的に注目されるレベルまで引き上げたとして2018年、第二回食生活ジャーナリスト大賞食文化部門受賞。Yahoo!ニュース個人オーサーアワード2018受賞

井出留美の最近の記事

井出留美の最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    井出留美

    |

    スーパーに並ぶ飲食品は金銭的価値のある財産です。それらを扱う大手食品小売業は、火災や風水害、震災など...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    井出留美

    |

    農林水産省によれば「生乳需給は安定化に向かう見込み」とのこと。ではなぜ「欠品のおそれ」と一般視聴者に...続きを読む