Y!オーサー

いちのせかつみ

生活経済ジャーナリスト・CFP®

いちのせかつみ

大学卒業後、会計事務所に入所し、税務経理や人材育成を中心としたコンサルタントとして活躍。平成元年に日本ファイナンシャル・プランナーズ協会「ファイナンシャル・プランナー」の認定を受け、平成6年にCFP®資格を取得。家計からみた人生設計の考え方に関しては第一人者で、大阪では数少ない新進気鋭のジャーナリストである。その反面、「ゆかい亭マネー」(芸名)としてお笑い系のお金の専門家として寄席等にも出演。平成15年には、自転車で金銭教育普及のためのボランティアセミナーを行いながら日本列島を縦断。現在、テレビやラジオに出演する一方、講演会やセミナー、執筆活動など多方面で活躍中。

  • 参考になった598

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • いちのせかつみ

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      学生の最終到達点である就職。それが決まる内定率が過去最高とは喜ばしいことである。内定をもらった本人のみならず、長年支え続けてきた親御さんの喜びもひとしおであろう。何より教育費がいらなくなることに胸をなでおろしいるに違いない。子ども一人にかかる教育費は進学過程によっても異なるが700万円〜2000万円以上である。人生における支出としては決して少ない額ではない。親御さんにとっても就職は子育ての最終到達点でもあるのだ。ただし、喜んでばかりもいられない。奨学金や教育ローンを利用してきた場合は、これから本格的な返済がスタートする。内定を頂いた企業の給料を事前に調べて無理のない返済計画を立てておく必要がある。とにかく、多額の資金が自分に投資されたことを再認識して元本割れしない人生設計を築いて欲しい。最後に親御さんへ、子どもへの投資はハイリスクノーリターンだと思っておこう。

    • いちのせかつみ

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      台風が近づいています。近年、観測史上最大、過去に例をみないなどの大災害が起こっています。過去最大だからそれ以上のものはもう起きないなんて、気楽に考えてはいけません。さらに大きな災害がやって来るかもしれないと気を引き締めておくことが大切です。喉元過ぎれば熱さ忘れるといったことのないように心がけましょう。
      火災保険は近年の大災害による被害の影響で風水害による保険金の支払いが多くなり、この秋に保険料が値上がりすることになっています。これを機に一度保険を見直してみてはいかがでしょうか?まず、「現在加入中の契約内容のチェック」「必要な補償をあつく、不要なものは解約する」「契約期間は長い方が割安になる」「保険会社を比較する」など、早期の対応が求められています。
      ちなみに「保険証書をどこにしまいこんだのか全く分からない」なんてことはないですよね。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • いちのせかつみ

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      買い物へ行くと自分の意思とは反してついつい買ってしまうのは、聴覚、視覚、触覚、臭覚、味覚の五感を刺激させられることで購買意欲が高まるからだと言われています。スーパーから流れる曲によって、聴覚が刺激を受け、商品やサービスを求めたくなる感覚に陥ります。何度も聞かすことにより刷り込まれた情報は、特定のお店や商品を想像させる効果があり、購買意欲のスイッチが入ると考えられます。それを阻止するためには、必要のない情報を排除することが大切です。消費者としては様々な刺激を上手く交わして必要なものだけを買うことができれば、無駄遣いを減らすことが可能です。すなわち、お店が仕掛ける誘惑に対して、聞かない、見ない、触れない、嗅がない、試食しないを徹底することです。サングラスにマスク、耳にはヘッドホンをつけ、手袋をしている怪しい姿こそが無駄遣いをしない究極の買い物ファッションといえるかもしれません。