福永活也

福永法律事務所 代表弁護士 報告 オーサー

弁護士やその他自称有識者の方々からは非弁行為ではないかといった批判が多数出ていますが、まさに使者として退職の意思を伝達するだけで、それ以上に交渉行為や法律行為を行なっていないのであれば全く問題ありません。
多くの困っている労働者が実際に救われているわけですから、素晴らしいアイデアに基づいたサービスだと思います。
弁護士達は批判していないで、こういった困っていた人達のニーズに気づかずに見過ごしてきたことを反省すべきでしょう。
応援しています。

こちらの記事は掲載が終了しています

福永活也

福永法律事務所 代表弁護士

著書【日本一稼ぐ弁護士の仕事術】Amazon書籍総合ランキング1位獲得。1980年生まれ。工業大学卒業後、バックパッカー等をしながら2年間をフリーターとして過ごした後、父の死をきっかけに勉強に目覚め、弁護士となる。現在は独立して法人クライアント400社を抱える傍ら、メディア活動、モデル事務所「Apas」、人狼ゲームスペース「VR人狼渋谷」、不動産会社の会社経営等、幅広く活動している。プライベートでは海外登山に挑戦しており、2018年5月には弁護士2人目となるエベレスト登頂も果たしている。

福永活也の最近の記事

福永活也の最近のコメント

  • 東大生 電車内で女子高生の下半身触ったか写真

    日本テレビ系(NNN) 1月19日(日) 11時50分

    福永活也

    |

    一般的な運用基準ですが、下着の上からだと迷惑防止条例違反、下着の中に手を入れると強制わいせつが対象に...続きを読む

  • 東京MX番組、賞品ランボルギーニ届けず 優勝ホスト本紙に怒りの激白「地上波を使った詐欺」

    スポニチアネックス 1月18日(土) 5時00分

    福永活也

    |

    勝敗を決する方法が偶然性が含まれていて(技術的要素があっても成立)、かつ、参加者の参加費が賞品代にな...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント