安積明子

政治ジャーナリスト 報告 オーサー

大坪審議官は医師免許を持っています。しかし厚生労働省内でもいっぱいいっぱいの業務に、渦中の人を置くことは作業の能率を高めることになるのでしょうか。野党側の「国会説明回避」というよりも、こういう業務に携わらせるということで、これまでのスキャンダルを“洗浄”するつもりではないでしょうか。

そもそもiPS細胞事業に関して山中伸弥教授に「私の一存でどうにでもなる」と発言したり、AMEDともトラブルを起こしている人物に、国家的危機の現場で指揮をとらせてうまく行くものなのか。

新型肺炎鎮圧に対する安倍政権の本気度を疑ってしまいます。

安積明子

政治ジャーナリスト

兵庫県出身。県立姫路西高校、慶應義塾大学経済学部卒。国会議員政策担当秘書資格試験に合格後、政策担当秘書として勤務。その後に執筆活動に入り、政局情報や選挙情報について寄稿するとともに、テレビ・ラジオに出演。「野党共闘(泣)。」「“小池”にはまって、さあ大変!ー希望の党の凋落と突然の代表辞任」(ワニブックスPLUS新書)に続き、ワニブックスから1月27日に「『新聞記者』という欺瞞ー『国民の代表』発言の意味をあらためて問う」を刊行。「記者会見」の現場で見た永田町の懲りない人々」(青林堂)は2019年の咢堂ブックオブイヤー大賞(メディア部門)を受賞。姫路ふるさと大使。

安積明子の最近の記事

安積明子の最近のコメント

  • 東京で新たに90人以上の感染確認の見通し

    共同通信 4月2日(木) 16時04分

    安積明子

    |

    現在のところ、本日の都内の感染者数は95人。しかし永寿総合病院内の感染者や慶應大学病院内の感染例が多...続きを読む

  • 安倍首相“現金給付”など補正予算案編成へ写真

    日本テレビ系(NNN) 3月28日(土) 22時03分

    安積明子

    |

    安倍首相はこれから10日かけて、景気対策案を作ると言っていますが、具体的な規模の提示もなく、実際にい...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント