安積明子

政治ジャーナリスト 報告 オーサー

記事には「蓮舫氏が離党すれば、執行部の打撃は深刻」とありますが、果たしてそうでしょうか。先週、「蓮舫が7、8名の仲間を連れて離党」との噂があり、裏とりに走ったのですが、付いて行きそうな仲間の名前が見当たらず。むしろ「彼女には人望がないから、誰も付いて行かないのではないか」という意見が多数でした。

 同時に報じられた山尾志桜里議員の入党のニュースなど、立憲民主党は吹きだまり感が満載ですね。衆院選の幸運さは長続きするわけではないので、自分たちをもっと大事にした方が良いのでは?

こちらの記事は掲載が終了しています

安積明子

政治ジャーナリスト

兵庫県出身。慶應義塾大学経済学部卒。国会議員政策担当秘書資格試験に合格後、政策担当秘書として勤務。その後に執筆活動に入り、政局情報や選挙情報について寄稿するとともに、テレビ・ラジオに出演。趣味は宝塚観劇やミュージカル鑑賞。また月に1度はコンサートや美術展に足を運ぶ。座右の銘は、幼い時から母から聞かされた「実るほど、頭を垂れる稲穂かな」。「野党共闘(泣)。」「“小池”にはまって、さあ大変!ー希望の党の凋落と突然の代表辞任」(ワニブックスPLUS新書)に続き、「「記者会見」の現場で見た永田町の懲りない人々」(青林堂)を4月11日に刊行

安積明子の最近の記事

安積明子の最近のコメント

  • 「韓国を敵視するな」…日本国会周辺で安倍政権糾弾集会

    中央日報日本語版 8月20日(火) 15時55分

    安積明子

    |

    因果関係が違います。日本が韓国を敵視しているのではなく、文政権が日本を敵視しているのです。

    そもそ...続きを読む

  • 立憲と国民、衆参の会派合流 枝野、玉木両代表が合意

    共同通信 8月20日(火) 13時06分

    安積明子

    |

    当初の立憲民主党の枝野幸男代表の主張は、「衆議院のみで統一会派」「脱原発などの主張を飲め」という上か...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント