相澤冬樹

大阪日日新聞編集局長・記者(元NHK記者) 報告 オーサー

泉市長は私とは大学の同級生でありNHKに同期で入った友人です。そのことを前提にコメントします。暴言はいけませんが、数ある暴言の中で報道される暴言は単に社会的地位のある人の発言というだけではなく、誰に対しどういう状況で何を発言したのかが判断基準のはずです。その点、去年報じられた泉市長の暴言は部下である職員に対するものでした。死者の出た道路改良工事の遅れについてという状況には市民の共感の声も寄せられましたが「火を付けてこい」という内容からしても報じられて当然でした。一方、今回の相手は市議ですから市長と職員という上下関係ではありません。内容も大勢の人が犠牲になった花火大会の再開をめぐる議論の延長線ですから、そもそもこれを「暴言」と捉えるかどうかも意見が分かれるでしょう。【死者11人出した明石歩道橋事故の花火大会 再開迫る市議に市長が「辞めてまえ!」】こう報じればおもろいのに。そう思いません?

こちらの記事は掲載が終了しています

相澤冬樹

大阪日日新聞編集局長・記者(元NHK記者)

1962年宮崎県生まれ。1987年NHK記者に。山口、神戸、東京、徳島、大阪で勤務。神戸で阪神・淡路大震災を取材。大阪でJR福知山線脱線事故を取材。大阪司法記者クラブ担当の2017年に森友事件に遭遇して取材を進めるが、2018年記者を外されてNHKを退職。この時の経緯を「安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由」(文藝春秋刊)という本にまとめた。現在、大阪日日新聞に務めながらYahoo!ニュースをはじめ日刊ゲンダイや週刊文春など様々な媒体で記事を書いている。

相澤冬樹の最近の記事

相澤冬樹の最近のコメント

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    相澤冬樹

    |

    正籬さんはかつての同僚、私が大阪府警キャップだった時に大阪報道部の政治担当デスクだった。熱血漢であだ...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    相澤冬樹

    |

    この裁判で母親の弁護を担当した秋田真志弁護士は、森友学園の籠池前理事長の詐欺事件での主任弁護人でもあ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント