相澤冬樹

大阪日日新聞編集局長・記者(元NHK記者) 報告 オーサー

日本の司法制度に「人質司法」と呼ばれる問題があることは間違いない。だからゴーン氏が言っていること自体にはある程度は共感するのだが、そもそも保釈されていたゴーン氏が海外逃亡してしまったら「やっぱり保釈を認めるべきではなかった」つまり人質司法を強化する方向で議論が進んでしまう。現にそういう趣旨のコメントも散見される。特に外国人を対象に。この問題で外国人か日本人かは大差はないのに。そういう意味でゴーン氏のレバノン逃亡は彼個人としては「してやったり」だろうが日本の司法当局は今後ますます人質司法を強化するだろうから私たちにとってはマイナスだ。そして日本国は超有名被告を易々と海外逃亡させてしまったことでまさにメンツ丸つぶれだ。

こちらの記事は掲載が終了しています

相澤冬樹

大阪日日新聞編集局長・記者(元NHK記者)

1962年宮崎県生まれ。1987年NHK記者に。山口、神戸、東京、徳島、大阪で勤務。神戸で阪神・淡路大震災を取材。大阪でJR福知山線脱線事故を取材。大阪司法記者クラブ担当の2017年に森友事件に遭遇して取材を進めるが、2018年記者を外されてNHKを退職。この時の経緯を「安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由」(文藝春秋刊)という本にまとめた。現在、大阪日日新聞に務めながらYahoo!ニュースをはじめ日刊ゲンダイや週刊文春など様々な媒体で記事を書いている。

相澤冬樹の最近の記事

相澤冬樹の最近のコメント

  • NHK副会長の正籬氏が会見「視聴者により信頼、必要とされるメディアに」写真

    産経新聞 2月12日(水) 19時24分

    相澤冬樹

    |

    正籬さんはかつての同僚、私が大阪府警キャップだった時に大阪報道部の政治担当デスクだった。熱血漢であだ...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    相澤冬樹

    |

    この裁判で母親の弁護を担当した秋田真志弁護士は、森友学園の籠池前理事長の詐欺事件での主任弁護人でもあ...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント