相澤冬樹

大阪日日新聞編集局長・記者(元NHK記者) 報告 オーサー

滋賀県警は湖東記念病院事件というえん罪事件で、殺人の疑いをかけられた女性が担当刑事に抱いた恋心を悪用して虚偽の自白をさせ、長年和歌山刑務所で服役させた“前科”があります。同じ和歌山刑務所にいた青木惠子さんは娘を保険金目的で殺害した罪で無期懲役の刑に服していましたが、実は娘に対し内縁の夫が性的虐待を繰り返していた事実を知らずにいきなり刑事から「女として娘を許されへんから殺したんやろう」と決めつけられ、混乱する中で虚偽の自白をさせられていました。その後再審で無罪になりましたが、獄中にいた20年は戻ってきません。記事の男性は状況は少し違いますが、他人の虚偽の供述をもとに刑事の決めつけによって逮捕されたところが似ています。自白偏重、決めつけ捜査の限界はとっくに明らかになっているのに、今も変わらず被害者を生んでいます。

こちらの記事は掲載が終了しています

相澤冬樹

大阪日日新聞編集局長・記者(元NHK記者)

1962年宮崎県生まれ。1987年NHK記者に。山口、神戸、東京、徳島、大阪で勤務。神戸で阪神・淡路大震災を取材。大阪でJR福知山線脱線事故を取材。大阪司法記者クラブ担当の2017年に森友事件に遭遇して取材を進めるが、2018年記者を外されてNHKを退職。この時の経緯を「安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由」(文藝春秋刊)という本にまとめた。現在、大阪日日新聞に務めながらYahoo!ニュースをはじめ日刊ゲンダイや週刊文春など様々な媒体で記事を書いている。

相澤冬樹の最近の記事

相澤冬樹の最近のコメント

  • 明石市の泉市長、また暴言 市議に「辞めてまえ」 兵庫

    時事通信 1月15日(水) 12時54分

    相澤冬樹

    |

    泉市長は私とは大学の同級生でありNHKに同期で入った友人です。そのことを前提にコメントします。暴言は...続きを読む

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    相澤冬樹

    |

    日本の司法制度に「人質司法」と呼ばれる問題があることは間違いない。だからゴーン氏が言っていること自体...続きを読む

Yahoo!ニュース オーサーコメント