Y!オーサー

相澤冬樹

大阪日日新聞編集局長・記者(元NHK記者)

相澤冬樹

1962年宮崎県生まれ。1987年NHK記者に。山口、神戸、東京、徳島、大阪で勤務。神戸で阪神・淡路大震災を取材。大阪でJR福知山線脱線事故を取材。大阪司法記者クラブ担当の2017年に森友事件に遭遇して取材を進めるが、2018年記者を外されてNHKを退職。この時の経緯を「安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由」(文藝春秋刊)という本にまとめた。現在、大阪日日新聞に務めながらYahoo!ニュースをはじめ日刊ゲンダイや週刊文春など様々な媒体で記事を書いている。

  • 参考になった32422

    • 相澤冬樹

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      こういうのを我が国では昔から「目くそ鼻くそを笑う」と表現して戒めていますよね。誰か近しい人が教えてあげた方がいいんじゃないですか?「お前、目くそになってるよ」って。私は政治記者も社会部の検察担当記者も何人も知っています。癒着する人もいますがきちんと振る舞っている記者もいます。そもそも政治記者、社会部記者などと一緒くたにするのが間違っています。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 相澤冬樹

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      案里議員は違法認識が「ない」と言い、夫の克行前法相は無言。これは私の取材事実とも一致する。5月11日にハーバー・ビジネス・オンラインに出しヤフーニュースにも配信された「“不要不急”の検察庁法改正が、安倍官邸と黒川氏には“必要至急”のワケ」という記事に私は書いた。
      《検察幹部は語る。「だって最初から狙いは議員本人だからね。あ、議員と言っても案里じゃないよ。夫の克行の方。前法務大臣ね」
      ――どうして、そこまで断言できるんですか?
      「それはさあ、“動かぬ証拠”があるからよ」
      実は、河井克行前法務大臣が今回の買収について秘書たちに詳細に指示したメールがあるのだという。
      「あんなものがあったら、もう言い逃れできないでしょ。メールはすべて克行から出てる。案里は何もわかってないんじゃないかな?」
      つまり案里議員は何もわかってないから違法認識がない。克行前法相はわかってるから何も語れないということだろう。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 相澤冬樹

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      案里議員は違法認識が「ない」と言い、夫の克行前法相は無言。これは私の取材事実とも一致する。5月11日にハーバー・ビジネス・オンラインに出しヤフーニュースにも配信された「“不要不急”の検察庁法改正が、安倍官邸と黒川氏には“必要至急”のワケ」という記事に私は書いた。
      《検察幹部は語る。「だって最初から狙いは議員本人だからね。あ、議員と言っても案里じゃないよ。夫の克行の方。前法務大臣ね」
      ――どうして、そこまで断言できるんですか?
      「それはさあ、“動かぬ証拠”があるからよ」
      実は、河井克行前法務大臣が今回の買収について秘書たちに詳細に指示したメールがあるのだという。
      「あんなものがあったら、もう言い逃れできないでしょ。メールはすべて克行から出てる。案里は何もわかってないんじゃないかな?」
      つまり案里議員は何もわかってないから違法認識がない。克行前法相はわかってるから何も語れないということだろう。

    • 相澤冬樹

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      私が知る検察幹部のコメント「以前、櫻井よしこさんがそんな話をしていたことがあって『実務をご存じない方の戯れ言だ』と思ってたけどね。法解釈を歪めてまで黒川さんの定年延長を希望する人は検察庁にはいない」法案は法務省から出される形をとるだけで、中身を誰が考えているかは別。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 相澤冬樹

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      いや、うそつきでしょ。17年前、大田正知事(当時)が自民多数の徳島県議会で大義なき不信任決議をくらって出直し知事選となった時、総務省から出向していた徳島県の部長で大田知事の部下であり、知事選に「出ません」と言い続けていた飯泉さんは、自民系団体の相次ぐ要請を受け「出ます」とあっさり前言をひるがえし選挙に出たことを、当時NHK徳島局ニュースデスクだった私は忘れていませんよ。あれは自民側と綿密に打ち合わせた上での出馬への地ならしですよね。地元選出の仙谷由人衆議院議員(民主)は「大田さんは出直し選に出るんですか?」と記者団に問われて「男の子はけんかを売られたら買わなきゃだめでしょう!」と言い切った。でも20万対19万で大田さんは飯泉さんに負けました。当確は私が打ちました。負けは負けですが飯泉さんはうそつきです。その事実は何年たっても変わらない。私以上に事情を知る地元徳島新聞・四国放送さん頑張って!

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 相澤冬樹

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      産経、松坂さんと中田さんの専務理事昇格を見出しに取るとは渋いですねえ。通好みと言うかNHKの人しか関心ないと言うか。松坂さんは社会部出身で私の4年先輩。誰もが認める切れ者記者。中田さんは報道番組のディレクターで一緒にダイオキシンのNHKスペシャルを制作。お二人とも昇格おめでとうございます。一方、毎日は正籬副会長の放送総局長兼務を見出しに。あだ名は青年将校です。理事昇格の角さんは私がNHK退職時の大阪放送局長で退職辞令を頂きました。以前から番組制作でお世話になり私の仕事に理解も示して頂きました。退任する黄木さんは私がBSニュースの編集責任者から現場の記者に戻りたいと希望した時にかなえてくれた上司です。さて、デイリー新潮は【「官邸」とは“3密”だったので…NHK理事に就任する「小池報道局長」の評判】という見出し。さすが週刊誌は視点が違う。なかなか面白いのですがオーサーコメントが付けられません。

    • 相澤冬樹

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      朝日・毎日・東京が熱心。読売・産経が冷ややか。まことにその通りで、3年前、森友事件(国有地不当値引き)が発覚した時も同じでした。読売・産経は当初まったく報じませんでした。ただ、読売と産経にはかなり違いがあるように思います。実は産経のweb媒体、iRONNAからこの件で執筆依頼が来ました。すでに原稿を送りましたので近く掲載されると思います。iRONNAには以前もNHKのことで依頼を受け寄稿したことがあります。産経は社是として安倍政権支持を強く打ち出していますが、一方でこういうセンスもあるように感じます。その点、読売は終始一貫して政権支持というだけでなく、政権を守るためにすごい記事を書くことがあるのは、前川喜平元文部科学事務次官の出会い系バー通い報道でも明らかです。産経もこの件を報じていますが、読売は記事の「分厚さ(笑)」が違います。両社は同じ政権寄りでもかなり違いがあるように感じます。

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 相澤冬樹

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      赤木俊夫さんの手記でわかったこと。「すべて佐川理財局長の指示」「美並近畿財務局長が(改ざんの)全責任を負うと発言」「会計検査院に『文書として保存していない』と説明するよう本省から指示」「麻生大臣や太田理財局長(当時・現主計局長)の説明は明らかに虚偽答弁」「杉田補佐(当時本省理財局)などが過剰反応して修正範囲をどんどん拡大」…これらすべて新事実です。財務省の報告書に載っていませんよね。どうして再調査しないんでしょう?遺族が強く望んでいるのに。再調査すると何か不都合なことが出てくるんでしょうか?

    • 相澤冬樹

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      赤木俊夫さんの手記でわかったこと。「すべて佐川理財局長の指示」「美並近畿財務局長が(改ざんの)全責任を負うと発言」「会計検査院に『文書として保存していない』と説明するよう本省から指示」「麻生大臣や太田理財局長(当時・現主計局長)の説明は明らかに虚偽答弁」「杉田補佐(当時本省理財局)などが過剰反応して修正範囲をどんどん拡大」…これらすべて新事実ですけど。財務省の報告書に載っていませんよね。どうして再調査しないのかな?遺族が強く望んでいるのに。再調査すると何か自分たちに不都合なことが出てくるんですか?

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 相澤冬樹

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      この会見では別の問題もあらわになった。ご両親の代理人弁護士によると、会見後、教委と校長も同じ大阪市役所の記者クラブで会見し「ご両親の思いにきちんと応える」と述べた。遺族がマスコミに訴えたからあわてて言明したのだろう。その模様を弁護士が会場の後ろで聞いていたら、職員とおぼしき人物が「社名と氏名を名乗ってください」と迫ってきた。弁護士が「ご両親の代理人の弁護士です」と答えたら「あっ弁護士さんですか」とすぐ立ち去ったが、その数十秒後、クラブの幹事社が「見つかっちゃったんで、すみませんご退出お願いします」と言ってきたそうな。おいおい、会見はクラブが仕切っているんじゃないの?誰がいようが報道側の判断でしょ。権力の言いなりになるな!弁護士の言葉「記者クラブという仕組みの、これが本質。こんな仕組みをいつまでも温存していたら、いざという時ペンの力など簡単にひねり潰されてしまうんじゃないの」…ごもっともです

残り22

もっと見る