ここから本文です

意識調査

現在の総投票数309,416,623

結果

「新国立競技場」の総工費は2520億円…どう思う?

日本スポーツ振興センター

日本スポーツ振興センター

 「2020年東京オリンピック・パラリンピック」でメイン会場となり、世界へ向けた日本の顔となる新国立競技場。その総工費は約2520億円とする方向で最終調整に入ったことが分かりました。
 新国立競技場のデザインはイラク出身で英国在住の世界的建築家・ザハ・ハディド氏がコンペを勝ち抜いたものに修正を加え、総工費は1625億円と試算されていました。しかし、デザインの特徴である2本の巨大なアーチを建設する難しさや、資材の高騰などのため、建設業者側は3000億円以上かかるとしていました。最終調整の額は、観客席を減らすなどして圧縮するものの、当初の予定より約900億円増えることになります。この問題では東京都と文科省が建設費用の負担をめぐり対立してきましたが、デザインの「見直しは遅すぎる」との声もあります。
 紆余曲折の末、調整されたこの金額、あなたは納得できますか?(設問提供:BS朝日「いま世界は」
※コメント内容はBS朝日「いま世界は」にて匿名で紹介させていただく可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合計:163,624 実施期間:2015年6月25日~2015年7月5日

  • 納得できる
    9.9%
    16,2309.9%
  • 納得できない
    85.4%
    139,78685.4%
  • どちらでもない/わからない
    4.7%
    7,6084.7%

※統計に基づく世論調査ではありません。結果は予告なく削除することがあります。
「意識調査」のデータ利用について

意識調査を検索