Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

脳の機能障害?まぶしさで苦痛

毎日新聞

眼球使用困難症候群とは? 「暗闇で暮らすしかない」苦しみ

毎日新聞416

 光のまぶしさや頭痛などで目が開けられず、暗闇の中での生活を強いられている人たちがいる。「眼球使用困難症候群」と呼ばれる病気だが、医学的にほとんど認知されていない。脳の機能障害が原因とみられているが、眼球や視力には問題がないため「視覚障害」にはあたらず、法的保障を受けられないのが現状だ。当事者を訪ねると、そこには想像を絶する困難があった。【野村房代/統合デジタル取材センター】

ココがポイント

読み込み中…

トピックス(科学)

  • ワクチン接種 妊娠への影響は
  • J&J製 重症化予防に高い効果
  • 大腸で小腸の再生成功 研究
  • NASAが隠した暗号 解読に沸く
  • 「火星の音」NASAが初公開
  • ファイザー 11歳以下も臨床試験
  • コロナ自費検査の精度検証へ
  • コロナ 広がる「声の不調」