Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

保育の「質」は 都政への願い

毎日新聞

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言で記者の息子が通わせてもらっている保育園は原則休園となり、約1カ月半、妻と交代でテレワークしながらの日々を過ごした。身に染みたのは社会を支える保育園と保育士さんたちの存在のありがたさだ。取材を進めるとコロナ下での責任を「丸投げ」された保育現場の切実な声も聞こえてきた。子どもの命を預かり、社会活動を支える保育現場への支援や待遇は、その責務や労働に見合うものなのか。あるベテラン園長の思いとともに考えたい。【大島祥平】

ココがポイント

読み込み中…

トピックス(地域)