ここから本文です

眠らない空港に 羽田の変ぼう

みんなの2020

 開幕まであと1年となった東京オリンピック・パラリンピック。五輪の開催が決まることで真っ先に整備されるのが交通インフラだ。前回の1964年東京オリンピックの際には東海道新幹線の開業、首都高速道路の開通、東京モノレールの開業。1998年の長野オリンピックの際には長野新幹線(北陸新幹線)が長野駅まで開業し、上信越自動車道で東京と長野が繋がった。共に、今では欠かせない鉄道網・高速道路網となっている。五輪がもたらす影響は大きく、五輪があるからこそ交通インフラの整備が急ピッチで進むのだ。

  • コメント

おすすめの記事