ここから本文です

紫電改 戦死した19歳の軌跡

西日本新聞

 太平洋戦争の終戦からこの夏で74年。戦火を生き抜いた人の多くが鬼籍に入り、当時の体験を語れる人は極めて少なくなった。昨年から大分県竹田市の山中で、旧日本海軍の戦闘機「紫電改」の遺物とみられるガラスや鉄の破片約60点が相次いで発見されている。

  • コメント

おすすめの記事