ここから本文です

若者多い白血病 骨髄移植も

産経新聞

 かつて「不治の病」とされた白血病は研究開発が進み、治る可能性の高い病気になりつつある。「血液のがん」といわれ、固形がんのように手術では切除できず、抗がん剤治療が主となるが、副作用は大きい。

  • コメント

おすすめの記事