ここから本文です

摂食障害の子 心を支えた家族

12/7(金) 20:14 掲載

【平成家族】ダイエットから「食べられなくなった」娘、向き合い続けた家族 「かき氷をまた、食べられるなんて」

 「おいしかった」「楽しかった」。こんな食事の思い出を持つ人がいる一方、「食べるのが怖い」と恐怖心を消せない人たちがいます。体重や体形を気にして、食べ物が食べられなくなったり、逆に食べ続けて吐いたり下剤をのんだりしてしまう「摂食障害」。心理的な面が影響するとされるこの病気と向き合っていくうえで、とても大きい存在が、家族です。(朝日新聞記者・水野梓)(朝日新聞デジタル)

[続きを読む]

おすすめの記事