ここから本文です

暴言騒動 更年期障害のつらさ

12/7(金) 7:32 掲載

たかが更年期障害と甘く見ていませんか?

先日漫才のチャンピオンを決める大会で、審査員の採点をめぐって様々な論議や批判が広がりました。その批判などを見ると弱気の私などとても審査員などできないと感じました。その批判の中でも、若手の漫才師が女性の審査員に対して暴言を発したことが大きな問題になっています。ライブ配信なので具体的には見ていませんが、ネット情報によると更年期障害を持ち出して批判したようです。本人は事態の深刻さに気付いてすぐに謝罪されたようです。

 このような発言をする男性が少なからずいることは、女性に特有な更年期障害を深刻な病気ではないとか、中年の我儘のように考えているからではないでしょうか?そして、中年の女性が自分の気に食わない言動をした時に、ヒステリーとか更年期障害という言葉を浴びせるのではないでしょうか?(石蔵文信)

[続きを読む]

おすすめの記事