ここから本文です

大転換 単純労働に新在留資格

10/12(金) 12:43 掲載

<法務省>単純労働に新在留資格 外国人受け入れ拡大へ

 外国人労働者の受け入れ拡大に向け、法務省は12日、臨時国会に提出する入管難民法改正案の骨子を明らかにした。一定の知識・経験を要する業務に就く「特定技能1号」▽熟練した技能が必要な業務に就く「特定技能2号」--という二つの在留資格を新設し、1号は在留期間は5年で家族帯同を認めないが、2号は長期間の滞在を可能とし、配偶者と子の帯同を認める。受け入れ後に、人手不足が解消した業種については受け入れ停止・中止の措置をとる。(毎日新聞)

[続きを読む]
  • コメント

おすすめの記事