ここから本文です

中国機急降下 操縦士が喫煙か

7/13(金) 10:38 掲載

中国国際航空機が6千メートル急降下、操縦士がコックピットで喫煙か

北京(CNN) 香港から中国本土へ向かっていた中国国際航空の旅客機で、突然機内の気圧が低下して機体が6000メートル急降下するハプニングがあった。操縦士がコックピットで喫煙していてうっかりスイッチを押し間違えたという情報があり、中国民用航空局が乗員から事情を聴くなどして調査を行っている。(CNN.co.jp)

[続きを読む]
  • コメント

Yahoo!ニュースからのお知らせ