ここから本文です

ため池の老朽化 決壊リスクに

7/12(木) 22:58 掲載

西日本豪雨 ため池の危険性浮き彫りに 全国で20万カ所、対策進まず

 西日本豪雨で、ため池決壊への警戒を要する状態が続いている。広島県では、豪雨から数日過ぎて、ため池が決壊する危険があるとして各地で避難指示が相次いでいる。全国で20万カ所あるため池は、貯水に役立つ一方、一部については老朽化も進み、豪雨により決壊のリスクが高まる。広島県の担当者は「雨が上がっても山から土砂を含んだ水は流れ続けている。晴れていても安心せず、刻々と変わる状況を注視してほしい」と指摘する。(産経新聞)

[続きを読む]
  • コメント

Yahoo!ニュースからのお知らせ