ここから本文です

元看護師 3人目投与も供述

7/12(木) 5:13 掲載

<大口病院中毒死>3人目投与供述 元看護師、70代女性に

 横浜市の旧大口病院で2016年9月、入院患者2人が界面活性剤により中毒死した事件で、2人と同時期に死亡した70代の女性入院患者について、殺人容疑で逮捕された元看護師の久保木愛弓容疑者(31)が消毒液を投与したという趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で判明した。病院に残っていた女性の血液から消毒液に含まれる界面活性剤の成分が検出されており、神奈川県警は関連を調べている。(毎日新聞)

[続きを読む]

Yahoo!ニュースからのお知らせ