ここから本文です

西日本豪雨 水蒸気は台風並み

7/10(火) 15:09 掲載

<西日本豪雨>水蒸気量は台風並み 名古屋大教授が分析

 西日本を中心に甚大な被害を出した豪雨は、台風の中心付近に匹敵するほど大量の水蒸気を含んだ気流がもたらしていたことが、坪木和久・名古屋大教授(気象学)の分析で分かった。昨年7月の九州北部豪雨をもたらした気流の水蒸気量より約10~20%多かったという。非常に湿った空気が停滞する梅雨前線に流れ込み、記録的な豪雨につながったと考えられる。(毎日新聞)

[続きを読む]

Yahoo!ニュースからのお知らせ