ここから本文です

認知症同士で相談 試み広がる

6/14(木) 16:59 掲載

認知症の悩み、認知症だからわかる 当事者相談広がる

 認知症の当事者が、同じ認知症と診断されて不安を抱える人の相談に応じる取り組みが広がっている。当事者にしかわからない悩みや苦しみを共有することで自信を取り戻し、前向きな気持ちになってもらおうという試みだ。認知症の本人が情報発信することで当事者の視点を取り入れた施策づくりにもつながりやすくなる。(NIKKEI STYLE)

[続きを読む]
  • コメント