ここから本文です

宇多田20周年 やらざるを得ず

5/17(木) 18:45 掲載

宇多田ヒカル 音楽と言葉とわたし

デビュー20周年、新作「初恋」に込めた思い
日本のポピュラー音楽の歴史を変えたシンガー・ソングライターの宇多田ヒカルさん。彼女はいつも言葉とともにあった。15歳でデビューした時も、初アルバム「First Love」が国内最大のヒットとなって生活が一変してしまった時も、母を亡くした時も。デビュー20周年を迎える今年、新人の小袋成彬さんのプロデュースを初めて手がけた。6月に新作「初恋」を発表し、年末には約12年ぶりとなるツアーを行う。そんな宇多田さんに、紡いできた言葉について、20周年を迎える心境について、じっくり語ってもらった。(以下、敬称略)(大手小町(OTEKOMACHI))

[続きを読む]
  • コメント

宇多田ヒカル 音楽と言葉とわたし

大手小町(OTEKOMACHI)