ここから本文です

協会 式守伊之助に異例の厳罰

1/13(土) 20:22 掲載

式守伊之助に異例の厳罰=時期最悪、過去にも失態―大相撲

 行司の現役最高位でありながら、式守伊之助は自身の引き際を認めてもらうことすら許されなかった。相撲協会は辞職願を預かった上で3場所出場停止の処分を科した。酒席で傷害事件を起こした元横綱日馬富士が引退届を受理されたことと比べても、若手行司へのセクハラ行為に対する懲戒としては、かなり重いといえる。(時事通信)

[続きを読む]
  • コメント