ここから本文です

救助中に落下し死亡 遺族敗訴

12/7(木) 19:02 掲載

ヘリ救助者落下、遺族敗訴 富士山で静岡市の対処巡り 京都地裁

 2013年12月に富士山で起きた滑落事故で、静岡市消防航空隊のヘリコプターによる救助作業中に落下し翌日死亡が確認された京都市の男性=当時(55)=の遺族が、静岡市を相手取り9170万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁(三木昌之裁判長)は7日、原告の請求を棄却した。(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS)

[続きを読む]
  • コメント