ここから本文です

19歳で投票率低下 学生の事情

10/11(水) 19:09 掲載

19歳で投票率ガクン…なぜ? 学生に聴いた投票事情

 昨年6月施行の改正公選法で導入された「18歳選挙権」。衆院選では22日投開票の今回が初めてとなるが、これまでの国政選挙や地方選挙をみると、19歳の投票率は18歳を下回る傾向にある。後輩有権者を越えられない“壁”の原因は、どこにあるのだろうか。神戸・阪神間の大学などで、19歳の投票事情を聴いてみた。(竜門和諒、赤松沙和、大橋凜太郎、門田晋一、小森有喜)(神戸新聞NEXT)

[続きを読む]