ここから本文です

たった2商品 パン屋の経営術

9/14(木) 14:30 掲載

創業74年、たった2種類しかないパン屋はなぜ売れ続けるのか:周回遅れの経営が先頭に立った

東京・浅草で74年前から営業を続けるパン屋がある。「ペリカン」。おもな商品は、食パンとロールパンだけ。消費者の嗜好が細分化し、多くの人に愛されるためにはどの業界でも多品種少量生産が“常識”になりつつある中、極めて珍しいと言われるビジネスモデルを貫く。息長く愛されてきたパン屋はこの秋、ドキュメンタリー映画になった。(BUSINESS INSIDER JAPAN)

[続きを読む]