ここから本文です

JAL 9割が日航機事故後に入社

8/12(土) 17:39 掲載

日航機事故から32年、社員9割超が事故後入社 植木社長「風化させず安全運航に全力」

 乗客乗員520人が亡くなった日本航空123便墜落事故から、8月12日で32年が経った。三十三回忌にあたる12日は早朝から、多くの遺族や関係者らが墜落現場となった群馬県多野郡上野村の御巣鷹山を訪れた。(Aviation Wire)

[Aviation Wireで関連記事を探す]