ここから本文です

新国立工事 23歳が過労自殺か

7/20(木) 14:54 掲載

五輪・新国立競技場の工事で時間外労働212時間 新卒23歳が失踪、過労自殺

新国立競技場の建設工事に関わっていた23歳の新卒男性が今年3月に失踪し、長野県で遺体で見つかった。警察などの調査で、自殺と判断された。「自殺は仕事が原因」として、両親は上野労働基準監督署に労災認定を申請、代理人の弁護士が7月20日に厚労省で記者会見した。【BuzzFeed Japan / 渡辺一樹】(BuzzFeed Japan)

[BuzzFeed Japanで関連記事を探す]